エンタメ

元俳優・黒田勇樹「子供の頃から全然成長してねーな」

実家の部屋の奥底には、自分でも予想外の物が眠っていたりするものだ。懐かしく甘酸っぱいものもあれば、思わず目を背けたくなる恥ずかしいものまでさまざまある。今回は有名人にその類の思い出の品々を披露してもらった。

【黒田勇樹】

◆アイドルに憧れて練習したサインも日の目を見ず……

黒田勇樹

黒田勇樹

「たった今、実家に戻って探してきたんですけど……。いろんな意味でびっくりしました」と語るのは元俳優のフリーター、黒田勇樹氏。

 黒田氏といえば、ドラマ『人間・失格』でブレイクした過去を持つが、今回、持ってきてくれたのはその忙しさ絶頂期の学習ノートだ。

「これは、僕が小学校6年生のときに使っていた理科と社会のノートなんですけど。ほら、白紙ばっかり……。驚くほど勉強してないんですよ! かろうじてところどころに『おもりの法則』とか『大化の改新』とか勉強しているっぽい単語は書いてあるけど、あとは落書きだらけ。でも、小学校のときはこれでも成績優秀だったんですよ。いったいどうやってテストでいい点を取ってたのか、謎ですね」

 確かに、表紙には「理科」とか「社会」と書いてあるにもかかわらず、全ページほぼ白紙。そして、ときどき欄外に珍妙な落書きがあるばかり。しかも、サインの練習までしていた痕跡が。

「恥ずかしい! こんなサイン、一度もしたことないのに! 僕のサインは昔から漢字だったので、ちょっとアイドルっぽいのに憧れてたのかなあ。ローマ字だし、星マークとか付いてるし。でも、こうやって欄外の余白ばっかりに落書きしてるっていうのは、たぶん自分なりに『これは学習ノートをムダにしちゃダメ』って理性が働いていたんでしょうね」

「ドラマ撮影で多忙だったから授業に出ていなかったのでは」と思いきや、当時、撮影は全部夏休みに行われていたため、基本的には授業はフル出席していたとか。

「でもね、いまだに僕はアルバイトの面接とかに行っても、ノートは出しておくにせよ、全然メモとかとらないんですよね。そして、内容を忘れるっていう。まあ、こうしたノートを見ると『俺、全然、子供の頃から成長してねーな』って思いますね」

⇒驚愕のノートの中身はこちら http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=200587

【黒田勇樹】
元俳優。現ハイパーメディアフリーター。俳優引退後の日々を綴った『非俳優生活 100days』(青土社)が発売中。また、公式サイト「黒田運送(株)」も絶賛更新中

― 実家の部屋から発掘された(恥)コレクション【3】 ―

非俳優生活 100days

黒田勇樹の知られざる顔!

ハッシュタグ




おすすめ記事