ニュース

【不就学児】風俗店の寮から一歩も出されずに育てられる子供

不就学,無戸籍,居所不明,児童,虐待

(C)emrank

 今年5月、文科省が出した「居所不明児童1191人」というデータは日本中に衝撃をもたらした。しかし、その裏側には不就学や無戸籍といった、さらに悲惨な子供たちが存在していたのだ!

◆母親の利己的な都合で就学させてもらえない子供たちが多くいる!

 東京都内某所、駅から徒歩5分のウィークリーマンションは、付近で営業するいくつもの風俗店の寮として、多くの女性が入れ替わり立ち代り居住している。昨年まで住んでいたという風俗嬢のRさんは、そのマンションで「恐ろしいものをみた」という。

「前から住んでる同じ店のコが、小学5年生ぐらいの男の子と一緒に隣室に住んでいた。その男の子、ちょっとゾッとするんですよ」

 ”ゾッとする”というのは、その男の子が部屋から出ることを極端に怖がるからだ。実はこの少年、同居する女の実子ではなく、小学校にも通っていない。それどころか、ベッドと必要最低限の家具しかないマンションの部屋から、一歩も出ることがなかったという。

「本当の母親は、その女が前に勤めていた店の元同僚で、覚せい剤中毒だったらしい。母親は失踪して、女に預けられた。男の子はずっと小学校には通ってなかったみたい。一度、女の部屋に行って『お姉さんとお外に行こう』と誘ったら、完全に無反応で部屋の隅っこに行っちゃった。ほとんど話さないし、顔が人形みたいに無表情で、かなりヤバかった」(Rさん)

 Rさんはその後、店を移り、女と男の子の行方はわからない。

 義務教育中の小中学生について、本来通っているはずの学校に突然来なくなり、教員が自宅を訪ねても所在の確認ができない――

「居所不明児童」、いわゆる“消えた子供”の数が今年、初めて1000人を突破した。この数字は前年の約3倍だ。

 いったいなぜこんなに数字が増えたのか?

 週刊SPA!7/10発売号「存在を消された子供たちの慟哭」では、さまざまな事情によって居所不明や不就学、無戸籍へと追いやられた子供たちと、そんな子供たちを生み出した要因について迫った。  <取材・文/鈴木大介と本誌取材班>

週刊SPA!7/17号(7/10発売)

表紙の人/フューチャーガールズ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事