雑学

岡田有花「紙の本のほうがワクワク読書ができる」

【デジモノ姉さんの今週の昇天市場】


「キンドル ペーパーホワイト3G」
アマゾンの日本国内向け電子書籍リーダー「キンドル ペーパーホワイト3G」。直販価格は1万2980円だ


キンドル◆元IT戦士ゆかたんが「キンドル ペーパーホワイト3G」を使ってみた

 こんにちは、岡田です。12月にアマゾンの「キンドル ペーパーホワイト3G」を買いました。

 通信費なしに3G回線で書籍がダウンロードできるので、さっそく何冊か買って読んでいます。不思議に思うのは、キンドルだと本を読むというより、Webサイトを見ている感覚に近いこと。フォントや画像が粗かったり、紙の本のようなページあたりの文字数の調整がなかったりするせいかもしれません。表紙がないのも要因のひとつかも。

 とにかく、紙で読む読書体験ってしっとり豊かな感じなんですが、キンドルだとカラカラした感じになってしまう……と感じました。もう紙の本はいらなくなるかなと思っていたけど、そちらのほうがワクワク読書ができるなあ、という意外な発見でしたね。

岡田有花岡田有花女史
元アイティメディアの名物女性記者。ネットベンチャーnanapiを経て現在はフリーライター。著書に『ネットで人生、変わりましたか?』

ネットで人生、変わりましたか?

人気IT記者が見た、ネットの現場!




おすすめ記事