億トレーダーも積み立てで「金」をお買い上げ

日本の金相場がかつてない賑わいを見せている。海外とは対照的に、金先物価格が32年ぶりの高値をつけたのだ。背景にあるのは急激な円安。一種、アベノミクスが巻き起こした“金バブル”なのだ。果たして、金投資で一攫千金を得る方法は残されているのか?

◆億トレーダーが積立で金3kg超!

「放っておいたら、思わぬ利益が出ていましたよ(笑)」

 こう話すのはSPA!ではお馴染みの億トレーダー。株、FX、CFDなどさまざまな金融商品にチャレンジしてきた人物だが、実は’05年から純金積み立て投資も行っていたという。

「最初は毎月10万円。ちょうど1g=3000円のときだったから、毎月33gぐらいの金を購入していたことになりますね。それから放ったらかしだったのですが、500gたまったところで私は積立先を見直しました。最初は大手を利用していたんですけど、スプレッド(小売価格と買取価格の差)と手数料が高くて……。放ったらかしの投資とはいえ、毎月一定額購入していくわけだから、このコストがばかにならないんですよね」

 純金積み立て当初の金のレート1g=3000円は、この7年で5000円へと60%以上も上昇。放ったらかしのために正確には把握していないが、氏の含み益は今や数百万円に達しているという。保有する金の量は3kg以上! 今後、脱デフレにかけるなら、地味だけど積み立てもあり?

金取材・文/上野 智(ミドルマン) 池垣 完(本誌)
図版/ミューズグラフィック
― 東京金先物[1ドル=100円]で大化けの可能性を探る【4】 ―




おすすめ記事