雑学

ゴスロリ系女子も…瀬戸内、豊島がおひとり様女子に人気

 地元の人たちが「遊ぶところも呑むところもない」と笑う、瀬戸内海の小さな島がいま、おひとり様女子の注目を集めている。

家浦港から広がる集落を望む。海の向こうには岡山・香川の県境が真ん中を貫く石島が見える

 瀬戸内海、播磨灘に浮かぶ小さな島、豊島(てしま)。島の周囲は約20km、人口は1,000人あまり。高松市の人口が42万人で、小豆島が3万人。人口だけを見ても、この島の小ささ、長閑さがうかがえる。

 この島に移住し、イチゴ栽培を営む森島丈洋さんは“女子旅急増現象”について、「きっかけは瀬戸内国際芸術祭からです。アートやスローライフ志向の20代、30代女性が、リピートして訪れるようになりました。宿泊施設も少ないので、農家の家に短期ホームステイする民泊(みんぱく)という過ごし方も定着して、“おばあちゃんの家に帰る”という意識で島を再訪する姿が見られます」と話す。

◆ゴスロリ系女子がママチャリで……

 記者が訪れた日も、ゴスロリ系女子が“ママチャリ”を走らせながら、眺めのいいところで自転車を止め、ちょっと歩いてみたり、スマホで写真を撮ったりと、のんびり過ごす姿が見られた。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=687380

「島の移動は電動アシスト自転車のレンタルが人気です。この島の道は起伏が激しく坂道が多いので、電動アシストが重宝します。そういう情報もSNSなどで女性たちに広まったみたいですね。ちなみに24時間営業のコンビニや銀行ATMもない島なので、すべて現金決済となっています(笑)」(森島さん)

 豊島へは、岡山県側からも香川県側からも船便が出ている。新幹線で岡山・宇野港から、飛行機で香川・高松空港から、寝台特急「サンライズ瀬戸」で高松駅からと、アクセスは陸海空にわたり多彩。成田~高松間のジェットスター・ジャーパン(LCC)は、夏休み期間中に1往復を増便。都心と高松のルートも充実し、“秘境”などといわれた瀬戸内の島々も日帰りで行けるようになった。

 小豆島と直島の間にポツンとある豊島。東西の両島ほどのにぎわいや観光スポットもないが、「電動アシスト自転車に乗って、気に入った地点でボーッとして、出会った猫にカメラを向ける。そんなゆるりとした旅をする女子たちが静かに増えていますね」と森島さんは話していた。

 かつては産業廃棄物問題で「ゴミの島」と揶揄された時代もあったが、いま豊島は「何もしないシアワセ」を求める女子たちにウケている。

<取材・文・撮影/大野雅人>




おすすめ記事