今、東京の[立ちんぼ]に何が起きているのか?【後編】

近年、東京都が断行している“浄化作戦”により、夜の楽しみが衰退の一途を辿っているといわれて久しい。そんななか、街頭にたたずむ「立ちんぼ」事情はどうか? 深夜の裏通りに潜入した!

◆新大久保から歌舞伎町、渋谷、池袋……暗がりに蠢く街娼たちの現在【後編】

⇒【前編】はコチラ

錦糸町 次に、ロシア人や東欧系など金髪立ちんぼが有名だった錦糸町にも来てみた。だが、もう金髪系はいないという。「随分前にもっと稼げるマカオやマレーシアへ移った」と、待ち合わせに使われていた焼き肉屋スタッフ。金髪がいてもそれはフィリピーナで、お金に厳密なロシアンや東欧系はとうに見切りをつけたらしい。立っているのはチャイナエステの小姐ばかりだ。

 一方、池袋駅北口のホテル街はさらに閑散とした様子。ほとんどが客待ちか引き揚げの車を待つデリヘル嬢で、ここもチャイナエステの客引きばかりになっている。

 立ちんぼの減少は法規制やカメラなどの設置だけが理由ではない。年に3~4回は立ちんぼの世話になっているという40代男性はこのように語る。

「利用できるラブホがどんどん減っているんです。定宿として使っていた格安ホテルが次々と潰れたり、レンタルルームへと変わっているのが大きいと思います。レンタルルームは実質、デリ店専用の場合が多く、フリー売春婦は利用できない。立ちんぼを買って、さらに1万円以上かかるようなブティックホテル代を払う客なんていないですからね」

 これは渋谷、蒲田なども同様だ。

 かつて東電OL事件(※97年、街娼をしていた東電OLが客に殺害された事件)が起こり、東京のもう一つの立ちんぼの中心地であった渋谷・円山町はまったくそれらしい影は見えず、坂道や階段を行き来しても、一人で歩いている女性はどれもがデリ嬢だ。ミニスカートやスーツスタイル、そしてブランドバッグ、もしくはキャリーケースという鉄板の服装をしているのですぐわかる。蒲田では深夜になると中国、東南アジア系の露出度の高い集団が街頭に立つが、夏休み以降はなりを潜めている。理解のありそうな老舗ラブホテルは点在するが、駅からは遠く幹線道路に面しているため目立ちやすいのだ。

 取材に応じてくれた韓国人ニューハーフは、客にすっぽかされたからと、食事に誘ってくれた。立ちんぼ市場の縮小とともに、このように顧客と立ちんぼ嬢との距離が縮まり、当然サービスも充実……という変化が起きたようだ。客からすれば「一発だけで十分」だからこその“立ちんぼ”なのであるが……。

取材・文/木下秀彦 ※写真はイメージです




おすすめ記事