雑学

民泊売春!? SNSで出会ったOLと一線を越えたら、ヤクザ風の男が入ってきて…

「てっきり彼女の家だと思っていたのですが。今思えばえらく殺風景な部屋だった気がしますが、まさかこんな目に遭ってしまうとは……」

 自らの“やらかし”を、ため息交じりに話す千葉県在住のサラリーマン・塚田さん(仮名・43歳)。既婚者だったが、妻とはすでに家庭内別居状態にあり、週末に襲われる寂しさを紛らわすために、SNSを使って売春目的の女性と会うのが日課となっていた。

民泊売春

“民泊売春”でカネも家族の信用も失った男性…


 今年の3月、SNSを通じて知り合ったのは「マミ」と名乗るアラサー女性。昼は社長秘書として広告代理店に勤務し、とにかく「セックスが好き」だから、小遣い稼ぎも兼ねて売春をしている、というなんとも怪しげな肩書きだった。それでも塚田さんがマミの言い分を信じたのはなぜか。

「雑誌かネット記事なんかで『高学歴の学生や一流企業のOLが割り切り目的で売春をやっている』と読んだことがありました。これか!と思い、会ってみたんです」

 マミが待ち合わせに指定してきたのは、なんと都内の某有名複合施設の前。マミいわく「家が近いから」とのことだったが、塚田さんの脳内ではマミは「都内一等地に住む、エロすぎるキャリアウーマン」という妄想がどんどん膨らんだ。実際に会ってみたマミは、事前に送られてきていた写真のなかの人物とは若干違っていたが、いかにも一流企業に勤める女性らしい、白いダボっとしたハイウエストのパンツにノースリーブのシャツを合わせた、すっきりした出で立ちだった。

「こんな上玉の女性を抱けるなんて……と興奮し、援助交際であることも忘れ、高級レストランで食事をご馳走しました。全部で4万円ほど使いました。そして、マミのほうから『家に来ないか』と誘われて、もう目の前が真っ白になって……」

 ただし「本番をするなら3万円」と塚田さんに伝えていたマミからの提案は「もう3万円くれれば家に来てもいい」というものだった。塚田さんがマミに支払う額は計6万円にも跳ね上がってしまうが、塚田さんは自身よりも若く、また普段では絶対に接点のなさそうなエリート女性のプライベート空間に招かれた喜びから、6万円をすぐに支払った。そして、マミの自宅であるという東京・赤坂のマンションを訪れた塚田氏。

「うーん、立地は素晴らしいんですが、妙にボロくて狭いワンルームのマンションでした。部屋には小さなテレビと小さな冷蔵庫、ソファベットとタオルケットがあり、キッチンはほとんど使った形跡がない。マミは『モノに執着しない性格』とか『自炊はしない』などと言っていて、ドライで現代的な女性だと感じていましたから、そのときは不思議には思いませんでした」

 部屋に入るや否いや、塚田さんとマミは性交開始。しかし2時間後には、急に『予定がある』ということで部屋を追い出されてしまったが、塚田氏は大満足だった。その後も一回、5万円から6万円を支払い、定期的にマミの“自宅”を訪れては買春に励んでいたが、今年6月、予想だにしないことが起きた。それは、件の部屋でマミと一戦を終えて、タバコを燻らせていたときだった。

「突然部屋に入ってきたのは、いかにもヤクザ風の角刈りの男でした。瞬時に“美人局”だと察し、パンツ一丁で部屋を飛び出してマンションの管理人に助けを求めたのですが……」

次のページ 
管理人室にいた初老の女性は警察を呼ぶどころか…

1
2





おすすめ記事