恋愛・結婚

“本気の出会い”を求めるなら「寺社コン」へ行こう

 初対面の相手に何を話せばウケるのかわかる人間なんてそうはいない。相手が異性ならなおさらだ。

寺社コン

寺社コンでは、座禅や写経などを体験した後に飲み会が催される

「合コンで初対面の人と会っても、会話の接点を探すところからつまずいてしまいます。そこで長く付き合えるパートナーと出会うのは難しいでしょう」と語るのは寺社コン主催者の堀内克彦氏。

堀内克彦氏

「長時間一緒にいられるので、参加者と親密になりやすいのが特徴です」(堀内氏)

 堀内氏が主催する寺社コンは、寺や神社でのイベントを楽しみながら出会いを生み、昨年だけでも5組のカップルが結婚。寺社コンをきっかけに付き合ったカップルはなんと200組以上!

 また、居心地のいいコミュニティを見つけることが結果的に長く付き合えるパートナーを見つける近道だそうだ。

 寺社コンを通じて結婚したカップルの特徴を聞くと、「寺社好きが多いせいか、軽い人はあまり受け入れられません。男女ともに真面目な人や地味でも細やかな人がいいパートナーを見つけますね」と堀内氏。

 厳密には合コンではないが、本気で結婚を目指すなら臨済宗の若手僧侶たちが運営する「吉縁会」にも注目したい。

 吉縁会ではこれまでに70組以上のカップルが成婚し、参加費もわずか2000円前後と破格。気に入った異性がいれば必ず自分の連絡先を渡せるというシステムが高い成婚率の秘密だ。

 昨年までは、静岡のお寺のみの開催だったそうだが、定員の何倍もの応募者が殺到したことから協力寺院も増え、現在は東京でも開催されている。

 2つに共通するのは、多数の応募者がいるにもかかわらず、いい加減な気持ちで参加する人がいないこと。今後も神頼みで縁を結べる出会いの場が人気を博しそうだ。

― [大人の合コン](新)必勝ガイド ―




おすすめ記事