雑学

競馬に女性ファンを…「UMAJO」プロジェクト仕掛け人を直撃

日本刀に自転車、童貞、土木、競馬……こんなものにまで女子がつく、もはや飽和状態の○○女子。しかしその内実は、一筋縄ではいかないようで。深遠なる女子の世界を探った!

◆仕掛け人を直撃! 競馬をオシャレにUMAJO

UMAJO

UMAJO公式サイトより

 おじさん趣味の代表格・競馬にも女性ファンを増やす。日本中央競馬会(JRA)では、近年そんな取り組みを進めている。その名も「UMAJO」プロジェクト。

「競馬ファンは年齢層が高く、先行きにどうしても不安があります。そこで、打開策のひとつとして女性をターゲットにしたキャンペーンを始めました。特に若い女性は男性の趣味の世界にも臆せず進出していて、パワーも行動力もありますから、一度興味を持ってもらえればかなり食いついてくれると考えたんです」(JRAの担当者)

 実際、従来競馬場を訪れるファンは男性が大半。若い女性の姿はほとんど見かけなかった。

「女性にとって、競馬場は行くまでのハードルが高いんです。さらに行ったところで、どう楽しめばいいのかもわからない。そこで、女性専用エリア“UMAJO SPOT”を設置したり、初心者のために馬券の買い方や競馬新聞の読み方を教えるセミナーを開催するなど、来場のハードルを下げる取り組みを進めてきました」

 こうした取り組みはすでに効果を見せている。昨年は年間の来場者に対する女性の比率が過去最大となり、8月に札幌競馬場で行われた重賞・札幌記念では来場者のなんと約40%が女性だったとか。

「男性ファンからの『女性だけ優遇するな』などのネガテイブな反応が心配でしたが、実際はほとんどなかった。逆に女性のお客さまがおじさんから馬券の買い方を教えてもらったなどという声も寄せられているくらいなんですよ」

 東京競馬場で年配の男性ファンに話を聞いても、「若いコが増えると華やかで賑やかになっていいし、馬券の売り上げも増えるからね」など好意的な声ばかりだった。UMAJOプロジェクトでは、今後は女性向けの競馬グッズの制作なども考えているという。

「男性がデートなどで気軽に誘いやすい競馬場にしたい。もちろん、女性から男性を誘っていただいてもいい。競馬はネガティブなものではなく、とても楽しいレジャーだということを、多くの女性に知っていただきたいです」

ー 増殖する[○○女子]は複雑怪奇になっていた! ー




おすすめ記事