雑学

「今は“SNSがギャルの渋谷”なんです」激変する自撮り文化

メジャーなヒット予測には取り上げられず、一般的には知られていない……けれども、’16年、スゴいイノベーションを起こすかもしれない、そんな明るい話題や技術を探ってみた

ギャルの間でゴージャスなキャンプが流行する!?


カラーパウダーを浴びて走る『カラーラン』

カラーパウダーを浴びて走る『カラーラン』

 日本の流行の発信源&最先端であるギャル文化。その’16年の予測を「grp by CROOZ」編集長の安部舞紗氏に伺った。

「’15年のギャル流行語大賞1位だった『パリピ(パーティピープル)』の現象はまだ続きそう。泡まみれで走る『バブルラン』、カラーパウダーを浴びて走る『カラーラン』などに参加し、写真をインスタグラムにアップする姿は’16年も見られるはず。ただ、感度の高い人たちは、オシャレでゴージャスなキャンプを楽しむ『グランピング』に移行する動きが加速しそう」

 またギャル文化の代名詞だった“自撮り”も激変が訪れている。

「顔を真正面から写す自撮りは失速気味。後ろ姿や、景色をメインにしたりする“フランクセルフィー”がより人気になるでしょう」

 なおオッサンたちにとっては自撮り=写真だが、ギャルの間では動画がすでに主流になりつつある。

オシャレでゴージャスなキャンプを楽しむ『グランピング』「双子のように動きを合わせたり、コンビ技を披露したりする『双子ダンス』は、10秒動画コミュニティ『ミックスチャンネル』ですでに流行しています。洋楽に合わせて口パクで歌う動画も流行の兆しがあり、顔周辺を半周ずつ撮影した動画を合わせて作る『ドーナツ・セルフィー』もトライする人が増えそう。かつてギャル文化の中心は渋谷でしたが、今は“SNSがギャルの渋谷”なんです」

【grp by CROOZ】
若い女性向けのエンタメ情報サイト(grpは「ガールズ・リサーチ・プレス」の略)。毎年『ギャル流行語大賞』の発表も行っている

photo by Chris Phutully via flickr
― 2016年 ニッチ業界の[意外なヒット]を予測する! ―




おすすめ記事