R-30

「忙しかったので」はNG 憤る上司への謝罪方法

◆頼まれていた仕事を、忙しいこともあって忘れてしまった。憤る上司に対して?

「どんなに忙しかったとしても、『忙しかったので』と口にするのはNG。『その仕事の優先順位が低かった』と言っているようなものですからね」とはコミュニケーション講師の大嶋利佳氏。上司の怒りを早急に静めるためには、言い訳をせずに謝罪し、即行で善後策を相談するのがベストだという。

「『どうすればいいでしょうか?』と相談されれば、たいていの人間は怒りモードから対処モードに切り替わります。『それくらい自分で考えろ!』と言われてしまう可能性もありますが、その場合は『こうしたいと思うんですが、どうですか?』と再び相談しましょう。危険なのは、『こうします!』と勝手に解決案を言い切ること。『ミスをしたヤツが思い上がるな!』と、余計な怒りを買うことになりかねませんからね」

また、上司が自分の忙しさを把握してくれているなら、こんな怒りの静め方もある。

「上司も心のどこかで『しっかりメモを取らせておけばよかった』と思っているかもしれないので、先回りして『メモを取っておかなかった私のミスです』と言ってみましょう。『俺の指示の出し方も悪かったよ』と、喧嘩両成敗となる可能性もあります」(話し方研究所会長・福田 健氏)

【福田 健氏】
話し方研究所会長。コミュニケーション全般についての研究や講演・執筆活動を行っている。『世界一役に立つ「話し方」の授業』(PHP研究所)など著書多数

【大嶋利佳氏】
スピーキングエッセイ代表。研修講師として10年間で30冊以上のビジネス書を刊行。「出版実現講座」を主宰し本を出したい人への支援も行う。 http://www.ohshima-rika.info

― すべてが好転する奇跡の謝罪力養成講座【11】 -

ハッシュタグ




おすすめ記事