40代男の「美容」「身だしなみ」への関心は2年で増加。男のための「リサージ メン」ブースに湘南国際マラソンのランナーが行列【PR】

提供元:カネボウ化粧品


「第10回 湘南国際マラソン」が6日に開催され、およそ2万2,000人のランナーが湘南海岸からゴールの大磯ロングビーチまでを走り抜けた。2007年に県内初のフルマラソン大会として始まり、記念すべき10回目を迎えた同大会に密着した。

第10回 湘南国際マラソン

記念すべき10回目の「湘南国際マラソン」は天候に恵まれ、約2万2,000人のランナーが湘南海岸を快走した

「湘南国際マラソン」には、親子で2kmを走るファミリーランのコースがあり、子どもと一緒にマラソンの思い出をつくこともできる。今回は、ホノルルマラソンやトライアスロンの経験もあるタレントのヒロミが、一般ランナーに混じって汗を流し、親子連れランナーへ励ましの言葉をかけながらコースを快走した。

「リサージ メン」のブースには完走後のランナーで行列


 ゴール近くに設置されたカネボウ化粧品「LISSAGE MEN(リサージ メン)」ブースでは、走り終えたばかりのヒロミがトークショーを開催。タレントや実業家として活躍しながらも、様々なスポーツ・レジャーに挑戦してきたヒロミは、同大会について「ホノルルマラソンは海がほんのちょっとしか見えないし、海沿いをずっと走れるのはすごいよね」と湘南ならではの魅力について熱弁。

第10回 湘南国際マラソン

LISSAGE MEN(リサージ メン)ブースには多くのランナーが駆けつけ、完走後の汗と肌のケアを体験した

 そして、加圧ジムを経営する実業家としての立場から、スポーツ後のボディケアの重要性を指摘。「リサージ メン」でのスキンケアを体験したヒロミは「何がいいって、トリガーを握っただけでぴゅっぴゅって出るところだね。それですぐ肌につけられるから、すげえ楽だし、これがいい。もしキャップだとするじゃない? キャップを開けて、つけて、それから閉めるっていうのに男は慣れてないから、面倒くさくなっちゃうんだよね」と気軽さが魅力的だと話した。

第10回 湘南国際マラソン

参加者と記念撮影するタレントのヒロミは、自身も2kmのコースを走りランナーとともに汗を流した

 実は、妻の松本伊代もお気に入りだと言い「これ、すっごい楽だねってママも使ってたよ。うちの奥さんは開け閉めとかそういうのはまったくダメなタイプなので、すごくいい」と話していた。そして最後に、人生の目標について「死ぬまで遊ぶ。遊ぶために仕事をしてますからね」とトークショーを締めくくったのは、多方面で活躍するなんともヒロミらしい言葉だろう。

 ニューバランスとリサージ メンのコラボブースでは、大会に参加した記念として自身の完走タイムと一緒に記念撮影を行うことができ、常にランナーの行列ができる状態に。そこにもヒロミがサプライズ登場し、順番を待っていた幸運なランナー5人へニューバランスシューズとリサージ メンがプレゼントされた。

 今回のこうした企画は、湘南国際マラソンのスポンサーであるニューバランスと、カネボウ化粧品「リサージ メン」の商品コンセプトが「一歩前へと、挑戦を怠らない人たちを応援したい」という共通の想いに繋がったことから実現。ランニングシューズとスキンケアブランドのコラボレーションで、ボディメインテナンスを体験できるきっかけがつくられた。

「美容に関心がある」ミドル世代がわずか2年で増加


 カネボウ化粧品の「リサージ メン」は、シェービングにも使えるすっきりとした洗い上がりの泡タイプ洗顔料と、ひげそりなどの影響を受けやすい肌をうるおいで満たす化粧液の2種類があり、洗顔料とローションの「洗う、潤す」というシンプルなケアで済むので、日々仕事に忙しい男性も無理なく続けられるのが魅力のひとつ。

 最近では女性だけでなく、男性にも肌のメインテナンスやコンディショニングに対する関心が高まっている。男性のスキンケア市場は拡大し、大手メーカーが次々と参入しているなか、ミドル世代(40~60代)の美容に対する意識と行動はすっかり変化しているようだ。特に40代の意識の変化が顕著で、Allaboutの生活トレンド研究所が実施した美容意識の調査結果では、「美容に関心がある」と答えた男性の割合が’12年には16.5%であったのに対し、’14年には30.2%にのぼり、わずか2年で1.7倍に。20代、30代と並ぶ関心度となっている。

第10回 湘南国際マラソン

「美容に関心がある」と回答した男性の割合は、ここ数年で1.7倍に増加している

 かつては日焼けした肌の男性像がアクティブで男らしく受け止められたが、2000年代に入って若い世代を中心に、白く清潔感のある肌の男性像が好まれるようになったことも背景にあるだろう。ミドル世代は青春期以降に「男性の肌への価値観の変化」を受けた世代で、ビジネスでもスマートで清潔感のある身だしなみを意識する表れとして、日焼け止め市場などの拡大にも繋がっている。

 冬場になると肌が乾燥するものの、仕事に忙しい男性はスキンケアをついつい怠りがちに。まずは洗顔ついでに肌をコンディショニングする習慣から身につけてみてはいかがだろうか。 <取材・文/日刊SPA!取材班>

●リサージ メンの詳細はこちら

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中