ロボット化する「ニッポンの産業最前線」――交通事故は減り、工事現場から人がいなくなる!?

今、自律して作業できる“ロボット”の開発が加速度的に進んでいる。ロボット技術の進化によって、急速に変わりつつあるニッポン産業の現場を追った。

ロボットが活躍する時代はすぐそこまで来ている!


片山 修氏

片山 修氏

「感動しましたよ。だって、ハンドルを握ることなく、勝手に走ってくれるんですから」

と、初めて自動運転をする自動車に乗ったときの感想を語るのは、経済ジャーナリストの片山修氏。

 自動運転自動車の公道テストを行っているメーカーは少なくない。国外ではベンツをはじめとした自動車メーカーはもちろん、Googleなども積極的に行っている。電気自動車メーカーのテスラモーターは、安全面を考えればフライングとも思えるが、すでに最新モデルで自動運転モードの搭載を始めている。

日産は2020年までに複数モデルを市販化


 一方、国内では、日産自動車やトヨタなどが意欲的だ。特に日産は、2020年までに複数モデルに自動運転技術を搭載させて市販すると宣言。その頃には、交差点のある一般道でも、ドライバーが運転に介入しない自動運転技術を導入するという。

 だが、完全な自動運転技術の搭載車種を投入するまでにも、より初歩的な自動運転技術が搭載されていく。例えば、同社は混雑した高速道路上での安全な自動運転が可能なモデルを、来年末までに発売。’18年には、危険回避や車線変更を自動で行う技術の実用化を予定している。

無人運転技術は“ほぼ”完成!’20年代後半には市販化か

自動運転システムの開発状況は「ドライバーが安全運行の責任を持つが、操舵・制動・加速すべての運転支援を行う」段階に到達している。実証試験を重ねた後、2020年代の前半には「緊急時のみドライバーが対応する」自動車を、’20年代後半には「運転手が全く関与しない」完全自動走行システムを市販するというのが、政府の進めるロードマップだ

 こうした自動運転技術の市販化を念頭に、昨年秋からは実験車両による公道テストを開始。高速道路と一般道を含むルートを、ナビに設定した目的地まで、自動運転で走行している。

 前出の片山氏は、「自動運転の実用化により、交通事故を減らすことが予想できる」と言う。その上で、「例えば高速道路など、自動運転が安全に運行しやすい場所に限定して、自動運転技術を導入していくべき。そうなれば、長距離トラックや高速バスの事故は減らせるのでは」と語り、自動運転技術の進化に期待を寄せる。

工事現場から人がいなくなる!?


 ロボットはこれまで工場内の限られたエリアでしか稼働していなかった。人とは隔離された状態で、単純作業をする産業ロボットが主流だったのだ。だが、そんな様相も、センサーやAI技術の進化により変わり始めている。

「人と共同で作業しても安全に運用できるようになってきた」(片山氏)というのだ。

 建設・土木業界では、現場作業の自動化が試みられている。鉱山などの広大な敷地内では、トラックやブルドーザーの自動運行や遠隔操作が実現している。建機メーカーのコマツは、センサーやカメラを多数搭載したドローンやブルドーザー、ショベルカーなどにより、現場作業の自動化を模索中だ。すでにドローンによる3D測量、ステレオカメラを搭載したショベルカーなどにより、熟練者でなくとも正確に整地できる技術「スマートコンストラクション」を実現している。

建設、土木工事の現場でも無人技術が推進されている!

建機メーカーのコマツは、鉱山や建設、土木現場での作業の無人化を進めている。すでにダンプトラックの無人運行システムや、整地や採掘を自動化したブルドーザーやショベルカーを、鉱山で実現済み。各種センサーを搭載したドローンによる3D測量を開始し、測量から整地までの全工程を自動化しようとしている

【片山 修氏】
名古屋タイムズ記者を経て、1970年からフリーランスの経済評論家。著書に『社員を幸せにする会社』(東洋経済新報社)など多数

<取材・文/河原塚英信>

社員を幸せにする会社

「失われた20年」。社員の幸せは後回しにされた。その結果はどうか。成功したといえるのか。社員が幸せにならなければ、企業は幸せになれない。新しい日本型経営のかたちとは?

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中