雑学

「会社辞めたい」とSNSに書き込むだけでスカウトが…2018年はAI転職がトレンド!?

 2018年にトレンドになりそうな現象やアイテムを独自の視点でピックアップ! 日本経済の起爆剤として期待されるものから、静かなブームとなるニッチなものまで、徹底予想した!

スカウティ

「辞めたい」とつぶやくや他社からスカウトメール。AI転職サイトのスゴさ


 SNSで「もう、会社辞めたい」と書き込む、または思っているだけで、即座に引き抜きを誘うスカウトメールが届く……。’18年は、そんな転職新時代の元年になるかもしれない。日本初のAIヘッドハンティングサービス「スカウティ」を開発・提供するscouty社の代表・島田寛基氏が解説する。

「スカウティはインターネット上に公開されているSNSやブログなどのオープンデータから個人の情報を自動取得しています。それを基に、プログラミングについてのスキルや、どれくらい技術的な知識があるかなどの項目についてスコア化。履歴書にあたるものが自動的にできあがる仕組みです」

スコアシート

ネット上から収集した情報をAIが分析したスコアシート。

 企業側がスコアを見て雇用したいと感じれば、冒頭のようにスカウトメールが発信されるわけだ。

 しかも、スカウティは人々が“転職する可能性が高い時期”を把握でき、当人が「辞めたい」と感じたときにタイミングよく連絡することができるという。

スコアシート

「E」はエンジニアスコア、「B」はビジネススコア。「I」はソーシャルインフルエンスの略で、SNS上のフォロワー数や影響力が高いほど数値が上がる

「例えばその人が過去の勤務先を平均して何年で辞めているか、現在勤めている企業はだいたい何年で人が辞めていくか、などといった情報をAIで分析すると、仕事を辞めそうかどうかが数値として計測できます。さらにSNSの投稿から、『仕事がツラい』『辞めたい』といった言葉や、転職に関連する投稿を自動検知して、離職スコアに反映させています」

スコアシート SNSに投稿をしただけで“転職検討中”と判断され、スカウトが来るのが、転職市場の未来なのかもしれない。そしてそれは労働者側に大きなメリットをもたらすだろうと島田氏は言う。

「スカウティを利用する企業が増えれば、人材の流動性が高くなります。労働者はスカウティを通じてどんどん優良企業と接触しますから、適正な給料を提示しない会社は人を雇えなくなると思います。ブラック企業は淘汰されていく時代になっていくでしょう」

 企業は良い待遇を提供しないと人が辞めるし、そもそも人材を安く採用することができなくなる。

「’17年の5月にβ版がオープンしたばかりですが、’18年には正式版をリリースする予定です。現状はエンジニアやプログラマーといった職種がメインですが、いずれ職種もデザイナーや営業職など、広げていくつもりです」

 現在の仕事に不満はあるが、転職活動に踏み出す勇気はない大多数の労働者にとって、スカウティは希望のツールになるかも!?

― 2018年[裏トレンド]大予測 ―





おすすめ記事