ニュース

日本に優秀な人材が集まらないのは、能力で評価する文化がないから

― ひろゆきのネット炎上観察記 ―

【「働くなら中国かインド」有能な外国人は日本敬遠?】

世界経済フォーラムの国際競争力ランキングで、インドと中国が日本を上回りネット上で議論が巻き起こっている。優秀な人材を誘致する力の項目でも日本は77位で、中国22位、インド23位だったが、この結果に納得し日本の先行きを不安視する声がある一方、「日本より中国やインドに行く時点でオツムが足りない」といった見方をする声も散見された

写真は「世界経済フォーラム」のHPより

優秀な人材が集まらないのは、能力で評価する文化がないから


 各国を比較する際に使う数字にGDPってのがあったりします。んでも、中国とアメリカだと同じ鶏肉1㎏でも、中国で鶏肉を育てて中国人が買う場合は安く買えるけど、船でアメリカに運んでアメリカ人が買う場合は値段が3倍になったりします。

 なので、「アメリカのGDPの数字がでかいのは、単に高い値段を払ってるだけで、実際に多くのモノを買えるほど豊かではないんじゃ?」って話とかがあって、一人あたりの購買力平価で調整した数字をIMFや世界銀行が出したりしてるんですが、日本は4位だったりします。んでも、一人当たりの名目GDP(USドル)でいくと26位で、EUでもお荷物と言われ始めているイタリア(27位)の隣だったりするのですね。

 そんな状況もありまして、経済的にはどんどん追い抜かれつつある日本に有能な外国人が来たがらないってなニュースに、ネット上では「有能な人材が無能な職場で働くかよ」「労基法すら守れない企業ばっかりの国で働く魅力ってなんだよ」とか、日本に魅力がないのは当然だよねぇ、、、って納得する声が多かったりするみたいです。

次のページ 
実力主義を徹底できない日本は厳しい

1
2





おすすめ記事