スポーツ

映画看板、妖怪絵画、ヤギロボット、大魔神…珍スポットと化したボートレース江戸川のオンリーワンな魅力

 ボートレース江戸川を皆さんご存知だろうか? 江戸川と名が付くゆえに江戸川にあるのかと思いきや、実は荒川。厳密には中川という河川にあったり、全国に24あるボートレース場のなかで、川をまるごと使用しているのはこの江戸川だけだったり……。

ボートレース江戸川

河川をまるごと走路に使う江戸川はその特殊性から激しいレースが多い。(写真は事故艇の曳航作業)

 ちなみにボートレース福岡は少し川にかかっているが、ほぼ河口であり、ボートレース多摩川に至っては多摩川の近くにあるだけで人工池で、川とは無関係どころか「日本一の静水面」とまで言われるほど静かなレース場である。。

もはや珍スポットと化したボートレース江戸川


 そんな江戸川は記者の故郷・地元なのだが、日に日に変な方向へ進化している。

 江戸川に初めて来た人は、正門にたどり着いた時点で「?」を作る。なにせ5.7メートルに及ぶ狛犬状態の『特大の大魔神像』が正門両脇に立ちはだかり、来場者を威圧しているのだ。ちなみに江戸川に大魔神のゆかりがなんかあるのかと言われても、少なくとも記者は何も出てこない。

正門

正門左右に立ちはだかる大魔神像。異次元の歓迎を受ける

 正門からスタンドに入ると、右手に受付が見えるのだが、そのさらに右にヤギがいる。繰り返すが、ヤギがいる。しかも情報を補うなら、そのヤギはロボットのヤギだ。そしてこのヤギロボットは、『ハズレ投票券を食べる』のが機能だ。

マッシロー

ハズレ券をムシャムシャ食べるヤギロボット(ボートレース江戸川公式サイトより)

 レースギャンブル場にはつきものといってもいいハズレ券が舞う光景。だが、そんなあまりきれいでもない光景をきれいにするため、レース場は様々なゴミ回収の工夫をしているわけだが、江戸川の場合、その工夫を何故かヤギ型ロボットで解決している。なぜヤギなのかはよくわからないが、舟券を喰うヤギマシン。カオスだ。

 ちなみにヤギの名前は「マッシロー」。名付け親は当時ボートのCMに出演していた和田アキ子氏だ。きっと舟券をハズしまくって頭の中がマッシローになった人がお世話になるから……なのだろうか。

 そんなヤギを横目にスタンドに入ると、いたるところに懐かしの『映画看板』がこれでもか! と大量に展示されている。説明を見ると本物の映画看板職人が実際に作成しているものだったりして、本格的ではなく“本物”なのである。投票所の頭上にずらりと並ぶ様は壮観ではあるが、なぜここにあるのかの疑問も壮観だ。

映画看板

舟券発売所の上にずらりと並ぶ映画看板。歴代の寅さんシリーズポスターも

次のページ 
スタンド付近にもカオスがいっぱい

1
2
3





おすすめ記事