デビュー10周年“日本の歌姫”May J.が昭和の名曲をカバーする理由

 ニューアルバム『Sweet Song Covers』を3月16日にリリースした歌姫May J.。今回のアルバムでは、山口百恵や山下達郎などの大御所が歌っていた昭和の名曲をカバーする。今や、幅広い層のファンに愛されるMay J.だが、10周年を振り返っての葛藤や新しいアルバム、そして今まで彼女を支えてきた家族について語ってもらった。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1077666

May J.

歌姫May J.を支えてきた家族への思い


――今回のアルバムでは、May J.さんの両親の世代も、きっと聴いていてすごくうれしくなる曲ばかりですよね。May J.さんにとって、今、家族はどんな存在ですか?

May J.:家族は、やっぱりどんなときもそばにいてくれる大切な存在ですよね。何か落ち込んでるときとか、うまくいかなかったりとかしても、常に味方になってくれるから、いつでも帰れる場所があるという安心感をくれる。私のベースになっているところですよね。今回のアルバムに収録している『秋桜』もお母さんに向けて歌う曲です。

――小さいとき、家族と一緒にいるとき、どんな曲を聴いていましたか?

May J.:それこそ父が洋楽を中心に聴いていたので、例えばホイットニー・ヒューストンとか、マライア・キャリーとか。あと宇多田ヒカルさんは、私、日本のアーティストさんの中で一番尊敬してて、「ああ、こういうアーティストになりたい」と思っていた方なんですけど、それも父が家で宇多田ヒカルさんのCDを聴いていて、何気なく置いてあったんですね。けっこう父の影響が大きいんですけど、『RIDE ON TIME』という今回収録しているこの曲も、私が小さいときに、父がピアノを弾き語りしてくれていました。

May J.――お父さんが宇多田ヒカルさんを教えてくれて、それからずっと好きだとおっしゃっていましたね。宇多田さんはこの春、音楽活動を再開しますが、どういうところで影響されていますか?

May J.:彼女の音楽のスタイルは、英語と日本語を混ぜた、R&Bっていうジャンルですよね。私のデビュー当時は、R&Bのダンサブルな曲を歌っていたので、今と全然雰囲気が違うんです。でも当時、私が想像していた自分のなりたいアーティスト像っていうのが、すごく宇多田さんに近かったんですよね。

カバー曲で届けたい思い


――今回のカバーアルバム、プレッシャーなどありましたか? 山口百恵さんや山下達郎さんら錚々たるシンガーの名曲が並んでいますが……。

May J.:そのカバーをすることによって、オリジナルと変わらないように、どれだけ自分の曲にできるかということを楽しんでいます。やっぱり歌詞も何回も読み返すし、原曲も何回も聞いて、原曲の素晴らしいところって、どこなんだろうって。そこをやっぱり残したいなっていう思いがあって、そこを残しつつも、でも自分にしかできないことをしました。自分のキーに合わせたり、自分の声で生かせる部分っていうのもたくさんあるので、自分だけにしかできないテイストも入れて、自分の曲にできるようにしています。

――今回のアルバムで、有名どころの曲がたくさんあったと思うんですけど、この選曲の基準は何だったんですか?

May J.:ここ2~3年ぐらい、NHKさんの番組『歌謡コンサート』などで、いろんな歌謡曲や昔の歌を歌わせていただく機会をいただいていました。そこで、30代後半から60代までいろんなファンの方々から反響があったんですよね。それで、「いつか歌謡曲を歌ったカバーアルバムを出したいな」っていうのが、ずっとあったので今回、80年代を中心に選曲しました。

――カバー曲を多くなさっていると思うんですが、カバーをすることの魅力を教えてください。

May J.:カバー曲を今までは出すつもりはまったくなくて。なぜ出したかというと、いろんな番組で、いろんな曲を歌わせてもらうようになって、その曲をレコーディングしてほしいとか、カバーアルバムを出してほしいっていうリクエストを、すごくたくさんいただいたんですよ。それがきっかけでしたね。だから、そうやって「聴きたい」って言ってくださる方がいるっていうのは、本当に幸せなことなんだなって思ったんです。だから、それに応えたいという思いで作っています。

10周年を迎える2016年。これからのMay J.


May J.――今年で10周年ですが、これからどんな歌手になっていきたいですか?

May J.:いろんな経験を積んで、歌とともに成長していきたいなと思っています。やっぱりいい歌を聞かせるためにも、いろんな訓練や人生経験をして、自分と向き合って歌で表現するっていうことが必要になってきます。でもどうしてそこまで歌を追求していきたいかというと、やっぱり聴いてくださる方がいるからなんですよね。私の歌を聴いて、心を動かしたり、笑顔になったり、楽しくなったり、そういうふうに歌で人を動かせたらいいなっていう思いがあります。

――自分がやりたいことと、周りの人が「やってほしい」と思うことは、どうしても違ってくると思います。そこでの違和感みたいなものはないですか?

May J.:もうないですね。デビュー当時だったら、たぶんこんなに幅広くできなかったと思うんですよ。やっぱり自分のやりたいことの幅が狭くて、それ以外のことをブロックしていました。ですが、その壁を取ることで、今は何に挑戦してもやっぱりMay J.になれるっていうことを目指しています。だから、いろんなことに挑戦して、それを吸収して表現していきたいっていうのが、今の私のモットーです。

 悩む日もありますが、答えは自分の中にあるんですよ。ただ、それが出ない日って、やっぱりあるし、何をしてもよくない日ってあるじゃないですか。それはそれで、またやっぱり明日から頑張ろうってことで(笑)。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1077663

<取材・文/穂苅由利渚 撮影/山川修一>

Sweet Song Covers

忘れられない、あの頃の風景がよみがえる

洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?

スーピマカットソー
 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第81回目をよろしくお願いします…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(9)
メンズファッションバイヤーMB
洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
ストーカー対策も万全!? 水商売から学ぶ女性の危機管理術
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンの“引退ドラマ”にウォリアー出現――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第125回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
日本の接客は「世界一」ではない!――
大川弘一の「俺から目線」
万引きでもしたら?――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
マックvsスタバの「チーズケーキ対決」、あなたはどっち派? 世界中の両チェーンに通う男が勝手に判定
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中