パーカー、ジャージはコスパがいい!? 30代からの「アスレジャー」入門

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第69回目をよろしくお願いします。

 最近のファッショントレンドは「アスレジャー」。「アスレジャー」とはトレーニングウェアやスポーツウェアを日常着に使う流行のことです。スウェットパンツやジャージやスニーカーなど最近街でよく見かけませんか?

 今日は30代以上の男性にもおすすめしたいアスレジャーのアイテムをピックアップしました。

NIKEの高感度ライン「テックパック」

1

http://store.nike.com/jp/ja_jp/pw/メンズ-テックパック/7puZo6k

 スポーツウェアといえば「NIKE」。創業こそ遅かったものの、後続組にもかかわらず、「AIR」などの卓越した自社開発テクノロジーと余剰在庫を極力持たないマーケティング手法などにより世界トップクラスの業績を誇っています。

 NIKEの数あるラインナップのなかでもとくにおすすめしたいのが「テックパックコレクション」。ユナイテッドアローズなどの高感度セレクトショップを中心に取り扱いを行っているNIKEのハイエンドラインです。

 スウェットのような着心地ながらツヤとハリがあり高級感漂うNIKE独自の「テックフリース」を使った商品群は、アパレル関係者なら誰もが発売日をチェックするほどの人気です。一般的な認知度は限定ラインのためまだまだですが、ショップスタッフなどで知らない人はいないでしょう。こういったハイエンドコレクションはファッション感度の高いインフルエンサーに着てもらうことで、それを見た人に「NIKEってかっこいいブランドなんだ!」と理解してもらう「ブランディング」がNIKEの狙い。広告露出する媒体などもそういった感度の高いアパレル層を意識しています。

 おすすめはこのモデル「ナイキ テック フリース ウィンドランナー」。

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1082146

2

http://store.nike.com/jp/ja_jp/pd/ナイキ-テック-フリース-ウィンドランナー-メンズフーディ/pid-1540086/pgid-839115

「ただのパーカーじゃん」と思うなかれ、袖を通すと驚きます。とにかく形がキレイ。今まで着ていたパーカーはなんだったんだ?と思うほど。トップスの印象の要は「袖」です。袖が腕にフィットして無駄なたるみなどが出ていないほど形や体の線がキレイに見えるのです。実は上着は「肩幅」や「身幅」より、「袖」や「裾」のほうが重要なんです。洋服において重要なのは先端部分。視線がとまりやすく目につきやすい先端部分の形がどうなっているかが印象を左右します。

 上着なら袖と裾。パンツなら裾先となります。このパーカーは袖周りがとにかく綺麗。立体的に腕に吸い付くような形になっていて体の線がいつも以上にキレイに見えます。

 またフード部分も大きく顎に届くほどの高さになっています。顔周りに布があると対比効果で小顔に見えます。このあたりのデザインもシルエットをキレイに見せることに一役買っています。

 手にとってみれば理解できますが、素材はハリがあり高級感たっぷり。また何度洗ってもへたりにくい耐久性も特徴。1万円とちょい高めではありますが、アウターとしてもインナーとしても使えて何年も持つ。限定ラインではありますが万人にオススメしたい極上のスポーツウェアです。

次ページ近年再評価されているアディダス

最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中