ブスを自称するアイドル・栗山夢衣(恵比寿マスカッツ)インタビュー

栗山夢衣

栗山夢衣

 なぜか頑なにブスを自称しているアイドルがいる。恵比寿マスカッツの栗山夢衣さんだ。「セルフ亀甲縛り」や「ゴム手袋鼻息割り」などの変わった特技を持つグラビアアイドル。彼女と直接やりとりをしているスタッフによると、LINEの表示名を「BUSU」にし、自らをブスだと言って譲らないという。彼女にその真意を聞いてみた。

――“ブスアイドル”として売ってるわけじゃない……ですよね?

栗山夢衣(以下、栗山)「違うんです。マネージャーさんにも、この今回のインタビュー本当に受けてもいいの?って何度も聞かれたのですが、私としてはすごく嬉しくて! こういう自分がブスであることを堂々と言っていい場ってあんまりないんですよ。一応アイドルだからネガティブなことってあんまり言っちゃダメで、自分のことをブスと言うのもあんまりよくないんですけど……私ブスですもん!」

――……そんなことないですし、実は内心『そんなことないよ』って言われたいからだったりは?

栗山「それが一番もどかしいです! そうじゃなくて、本当にブスだと思ってますから。以前めちゃイケの新メンバーオーディションを受けたとき、特技の亀甲縛りを披露して最終選考に残ったのですが結局落ちてしまい、Yahoo!知恵袋に『栗山さんがかわいかったら受かってたんでしょうね』という書き込みがベストアンサーに選ばれてて。
どんなかわいいタレントさんでもネットにそういう書き込みはされるものですけど、私は一般人としてアルバイトしてても言われたりするんですよ! 昔、メイドカフェで働いてたとき、私がテーブルを担当していたお客さんに『お店の看板に載ってるようなかわいいコ、いないじゃん』って言われて……」

――それでも、ファンの人に「かわいい」って言われることもありますよね?

栗山「ファンの方も結構正直で、『夢衣ちゃんは、◯◯ちゃんとかと比べて顔はかわいくないけど、こういうところが好きだから応援してるよ』とか言われるんですよ。でも逆に、『夢衣ちゃんが一番かわいいよ』と言われても、あんまり心に響かないですね……嘘つけ!と思っちゃいます」

—――でもホラ、人によって“好きな顔の系統”ってありますよね。「この人は私の顔の系統が好きな人なんだろう」とは思わないですか?

栗山「そうはまったく思わないですね。『かわいい』と言われるなんて、明らかに“赤”なのに、『これは白です』と言われてるくらい不思議に思います……」

――じゃあ、外からなにを言われても、自分=ブス、というのはゆらぐことはないんですか?

栗山「そうです! ここは自信もって言えるっていうか。私はネガティブで自分に自信もないのですが、自分がブスであることに関しては自信があるんです!(笑)」

⇒【後編】それでも彼女が“アイドル”をやる理由とは?
http://nikkan-spa.jp/318657


⇒栗山夢衣ちゃんのアザーカットはこちら
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=318536


【栗山夢衣】
タレント・アイドル。恵比寿マスカッツのメンバー。毎週土曜日25:35~「おねだりマスカットSP!」(テレビ東京)にレギュラー出演中

<取材/大貫未来(清談社) 取材・文/朝井麻由美>
― ブスを自称するアイドル・栗山夢衣インタビュー【1】 ―

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中