ネットナンパに活用?「LINE完全匿名登録法」が拡散中

LINE,HeyWireNHN Japan は、11月末時点で無料メッセージアプリ「LINE(ライン)」の登録ユーザーが世界で8000万人、日本国内だけでも3600万人を超えたと発表した。

 特に若年層にとって、今やLINEはなくてはならない存在。スマホユーザーの中には従来の携帯メールやSMSを使わず、すべてLINEで連絡を取り合うという人も多い。同アプリが国民的メッセージツールになる中、一部の人の間では電話帳データをLINEサーバに渡すことに抵抗を感じている人も多いだろう。登録時、自分の意思で電話帳データの読み取りを許可することで登録済の知り合いなどが紐付けされる仕組みだが、アプリ登場初期にユーザーに無断で電話帳データを収集していたり、LINE側のセキュリティの不具合で勝手に送信されてしまうことも起こり、不信感を拭えない人も少なくないのだ。

 また11月末からは、電話番号もしくはFacebookによる認証が必須になり、FacebookアカウントもしくはSMSを受け取れる携帯端末がないと登録できない仕組みになっている。こうした点でも、個人情報の取り扱いに不信感をいだく人にはハードルが高いようだ。

 しかし、友人や同僚の多くがLINEを使っているので、使わざるをえない人もいるだろう。そうした人たちの間で、いま「完全匿名でLINEに登録する方法」が広まっているという。WebデザイナーのSさん(29歳)がその方法を教えてくれた。

「『HeyWire』というアメリカの無料アプリがあるんですが、これは無料でアメリカの電話番号がもらえるんです。この番号をLINEの登録時、電話番号認証に使う。登録画面で国名をアメリカにして、番号を打ち込めばHeyWireにLINEからSMSが来るので、アクティベーションすればいいだけ。HeyWireの良い点は、スマホでなくても、例えばiPod touchやNexus 7などタブレット端末、またデータ通信専用SIMで運用してるスマホでも使用できるところです。iOSとAndroidの両バージョンあるので、どの端末でも登録できる。あとは、電話帳データを渡さず、個別にIDを検索して友達を追加していけばいい。こうすることで、LINE側に一切、個人情報を渡さずに使用することができます。HeyWireのほかにも似たような無料でアメリカの電話番号がもらえるアプリはいくつかありますよ」

 ネットでも一部でHeyWireを使った電話認証突破法が公開されているが、中学生レベルの英語力があれば簡単に登録ができる。ただし登録国をアメリカにしているので、一部の日本国内向けスタンプは利用できないこともあるようだ。

 無料でゲットできるアメリカの電話番号で電話認証を突破する方法はLINE以外にもCommやカカオトーク、Viberなどでも使える。一方、こうして匿名登録する人の中にはいかがわしい目的を持っている輩もいる。広告代理店に勤めるCさん(34歳)は言う。

「もっぱらLINEはネットナンパ専用なんで、個人情報と紐付けられたら危ないでしょ。Fecebook認証ももってのほか。不具合も多いみたいだし、意図せぬ流出もある。こういうアプリはよく仕組みがわからないからね。妻と浮気相手のメッセージが同列に並ぶのも嫌でしょ(笑)。ま、そういうことです」

 個人情報を防衛する手段としてHeyWire等のアプリを使うのは許されるべきだが、ふしだらな目的で使うのは感心できない。いずれにせよ、LINE等の規約違反になる恐れもあるので、良い子のみんなは真似しちゃだめよ! <取材・文/日刊SPA!取材班>

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中