欧州財閥の御曹司がヘイトスピーチを痛烈批判

 東京のコリアタウン・新大久保で毎週のように行われるヘイトスピーチデモと、「レイシストしばき隊」の衝突劇。

 渦中にいる在日外国人は、この光景をどう見ているのか。

 編集部は、ある在日ヨーロッパ人のグレンさん(仮名・32歳)に話を聞いた。

在日5年のグレンさん。次の放浪先は韓国だという

 日本在住5年のグレンさんは、実は欧州では誰もが知る某グループ企業の御曹司で、いわゆる遊学のために来日。跡を継ぐのか?という質問に対しては、「親がやっている仕事なので」と言葉を濁す。去る4月で日本での学びと仕事を終え、次なるアジアの地へ旅立っていくという。彼は慣れ親しんだ日本との別れを惜しみつつ、今繰り広げられている状況について語った。

(※文は個人の主張であり、編集部の見解とは関係ありません)

――5年間住んでみて、日本の印象はいかがですか?

 一言でいうと日本人はポライト(礼儀正しい)だけどフレンドリーではない。街は綺麗で、人も親切で丁寧だが、誰かと親友になることは滅多にない。むしろ僕は、アジアから来た人と友だちになることが多かった。この5年間、日本人からパーティーに誘われたことは何度もあったが、自分は『飾り物の外人さん』的な扱いだった。レイシズムにイラッとする感覚は突然訪れる。ある日電車に乗ったら、隣に座っていた人が逃げるように席を変えた。露骨なことは言わなくても、こうしたことで感じる。

 こうしたことは最初は僕だけの経験だと思っていた。でも他の外国人たちと話してみると皆、同じことを言う。日本人と結婚してずっと日本に住んでいる人でさえそういう経験を沢山している。彼らは皆、日本語が上達しても日本社会には完全に受け入れられないんだ

――何故日本人は、外国人を受け入れていないと思うのでしょうか?

 僕が出した結論は、日本人は自分たち同士でしか好きになれないということ。日本人は長年アジアナンバーワンを自認して偉そうな態度をしてきた。その傲慢さはアメリカと似ている。アメリカ人は他の国のことをまったく学ぼうとしない。ヨーロッパ人は違う国に行ったらその国について学ぼうとする。日本でも、僕はまず日本語を勉強していた。日本人は偉そうにしすぎる。日本社会が日本国民にそうなるよう要求している構造になっている。

 例えば津波の時、僕の国を含めていろんな国から日本への救助チームが派遣されるはずだったが、日本政府がそれを拒んだ。弱く見られたくないからだ。だが米軍だけは救助に出たが、それはそうだろう。日本とアメリカはそうするしかない関係だから。

 家を探すにも、『外国人お断り』と言われることがある。ヨーロッパならこんなことは違法だ。日本人は、それについて『日本が特殊なんだ』とか言い訳するけど、くだらない。そんなのはあり得ない。

 あのデモ(※ヘイトスピーチを伴うデモ)もそうだ。ドイツのスキンヘッド(※ネオナチ)みたいなもんだ。やってることはドイツと一緒だけど、日本人はこいつらについて考えようともしていない。

 少なくともドイツでは、あんなのは違法で可能なはずがない。日本人は中国人をたくさん殺している。またアメリカに対するパールハーバー攻撃だって戦争中でもないのに、いきなり背後から刺したようなもんだ。傲慢な割には偽善者だ。日本人同士が内輪だけで仲良くしているだけだ

――ヨーロッパにもレイシズムがありますよね?

 もちろん僕の国にもレイシズムはある。だけど人種に拘っていない点が違う。僕の国には、北アフリカからのイスラム移民との対立がある。南米、アジア、全世界から来てる人の中で、イスラム系だけがヨーロッパのライフスタイルを全く受け入れようとしていないんだ。

 たとえば僕の国では、外国人が来たら国が無料で勉強させてくれる。高い授業料と、8割以上の出席率を要求する日本とは違う。

 従姉妹のボーイフレンドは日本人だったけど、彼もタダで学校に通えた。教科書も無料。特に貧しい国から移民は、言葉ができないと大変だろうから、政府がサポートして社会についていけるようにしている。

 しかしイスラム系の人々は違う。言葉を教えるって言っても彼らは来ない。金にしか興味がなく、稼いだ金は全部アフリカに送るだけだ。国に来てちゃんと働いて社会に溶け込んでくれればいいのに。僕も日本に来て納得行かないことが沢山ある。でもルールは守ってちゃんと言葉も学んでいる。僕はゲストだから

――しかし、ヘイトスピーチをする団体は、在日コリアンを始めとする在日外国人についてそれと同じ内容の批判をしていますが?

 よく聞け。在日コリアンは違う。彼らは日本名を持っている場合も多い。多くは、韓国に行ったことすらない。なのに日本人と同じ権利を持たされていない。それは日本人が偽善者で傲慢だからだ

――彼らの主張は在日コリアンと日本人の権利は違っていて、在日コリアンは特権を持っているということです。在日コリアンは日本に住んでいながら韓国・朝鮮籍を守り続けて、犯罪に利用できる通名を使っているから不当なのだと言っています。また、在日外国人には帰化することを求めています。

 通名が使えるのが特権だって? オーマイガッ! くだらなすぎる、腹がたつ! 言葉を失うよ。戦争中に日本は韓国の文化を抹殺して、日本語で喋るように強制した。戦争中のドイツ人でさえそんなことはしていない。僕の故郷の街はナポレオンの時から第一次世界対戦、ナチス・ドイツの占領も全部経験してるけど、『お前ら、これからドイツ語でしゃべれ』などという酷いことはなかった。

 悪いけど、僕の国の人のほうが、日本人よりよほど日本の歴史について詳しいと思うね。傲慢な主張だ。日本社会は壊れたエンジンを積んだフェラリーみたいなもんだ。日本人は皆いかに日本が素晴らしいかのコメントを求めている

⇒【中編】へ続く http://nikkan-spa.jp/434385

※新大久保・ヘイトスピーチデモの詳細はこちら参照
http://nikkan-spa.jp/414354


<取材・文/日刊SPA!取材班>

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
名古屋喫茶の雄「コメダ珈琲」上場で変わるカフェマーケット
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」――46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中