恋愛・結婚

33歳ホステスの悩み「彼氏が焼きもちをやいて大変」辞めるしかない?

― 連載「佐藤優のインテリジェンス人生相談」―
“外務省のラスプーチン”と呼ばれた諜報のプロが、その経験をもとに、読者の悩みに答える!

インテリジェンス人生相談

フランス人の彼氏が「ホステスを辞めろ」と言います

★相談者★KAD(ペンネーム) 水商売 女性 33歳

 フランス人の彼氏と結婚することになりました。その彼が非常に焼きもちをやきます。私はクラブのホステスとして働いてきたため、休日にはお客さんと一緒にゴルフに行くこともあります。夜はアフターが入ると帰りが午前4時、5時になることもあります。

 彼は私の仕事を理解してくれてはいますが、ほかの男性と食事に行ったりゴルフに行ったりするのは嫌らしく、早く仕事を辞めるようにと言われています。一応、お店のほうには昨年で一回辞めさせてもらって、今年は大幅に出勤回数を減らして緩く続けさせてもらう方向で調整していただいてます。

 ずっとホステスの仕事をしてきたので、普通の会社にお勤めできるとは到底思えません。かといって、専業主婦も務まりそうにありません。何とか彼の理解を得て、焼きもちをやかれないように、仕事を続ける方法はないでしょうか?

◆佐藤優の回答

 結論から言うと、仕事と結婚の両立は、あなたの場合、とても難しいと思います。外務省でもフランス人、ドイツ人、ロシア人などと国際結婚する人がいました。東京の外務本省で勤務すると、帰宅が午前1時、2時になるのは日常的です。ヨーロッパやロシアでは、このような長時間労働は考えられません。従って、相手は「自分を愛していない」と考えてしまいます。

 また、30代ならば毎日セックスするのが普通です。疲れているので、セックスを断ると、相手は「外に恋人がいて、セックスをしている」と思います。日本では、夫婦が別の寝室で寝ていることは珍しくありませんが、ヨーロッパで寝室が別だと、夫婦関係が冷え切っているととらえられます。寝室は同じでも、シングルベッドを2つ置いているだけで、夫婦関係が悪いと思われます。これは文化の違いなので、解決することがとても難しいです。文化には、遺伝子のような要素があります。

===============
 多数の遺伝子が活躍する脳の発生・発達プログラムにおける、ほんのちょっとした差異が、もしかしたらそれぞれの人の「個性」に繫がっているのかもしれません。私たちは脳の発生・発達や進化の研究を通じて、人間の心のしくみの理解に近づきたいと思っています。そのためには、ヒトそのもののゲノム情報の理解とともに、他の動物のゲノム情報との比較や、モデル動物を用いた実験発生学的検証が重要な戦略になることでしょう。

(『脳の誕生──発生・発達・進化の謎を解く』254頁)
===============

次のページ 
フランス人と日本人の文化の遺伝子は異なるのです

1
2
◆募集◆
佐藤優さんへの相談を募集中。匿名希望の方はペンネームを記入してください。採用者には記念品をお送り致します。⇒応募はコチラから https://nikkan-spa.jp/icol_form(PCのみ対応)

人生の極意

佐藤優が相談者に送った人生を賢く生き抜く72の処方箋





おすすめ記事