20代女子の99%がNG判定「話すとき顔が近い」

年齢によるダメ言動が40代男をブサイクにさせている!? アラフォーにもなると、若い頃の容姿はそのまま保たれているわけではなく、かつてのイケメンすら見る影もないことも。20代女性がランキングした現実を思い知るべし!

◆「顔が近い!」はイケメンをもブサイクにさせる?

40代男

話すとき、顔が極端に近い!NG率99%

 女性に対する言動も、何ひとつ油断してはならない。ほとんどがアウトと判定したのは、「顔が近い」だ。

「思わず息を止めてしまう」(27歳・大学院生)、「どんなにつくりが良くても間近で見るとやはりオッサン。『よく見ると、ブッサイクだなぁ』と思った」(28歳・営業)。

 たとえイケメンだと自信があろうが、40を過ぎた男の至近距離は耐え難いもの。さらに言葉遣いもサムければ完全にアウトだ!

「『嬉しいなぁ、“かわいこちゃん”と遊べて~』という言葉のチョイスに背筋が凍った」(27歳・電気機器)、「ただゴハンに行くことを『デート』と平気で言っちゃうヤツはキモい」(27歳・アパレル)。

 本人は無自覚に発しているんだろうが、女子からは完全にオッサンとのレッテルを貼られていることに気づかなければいけない。また、年を取るとついやってしまいがちな「昔のワルかった頃の武勇伝」もすこぶる低評価である。

「昔の話ばかりする人って、要するに今を楽しんでない人。つまらない生活送ってるんだなーと思ってしまう」(22歳・専門学校生)、「明らかに冴えない人が、昔はヤンチャだったとか言っても見え張ってるようにしか見えない。人間として底が浅い」(25歳・飲食店)。

 相手のリアクションにも気を配りたい。また、女性との距離を縮めたいばかりに、よかれと思って取る行動もNG判定される。

 そして、女性との会話の中で、危険なのは、恋愛話を引き出す行為だ。よかれと思ったネタ振りでもアウトなのだ。

「こっちが言わないのに聞いてくるな、と。結婚のことを振られたらもう死ねと言いたくなる」(24歳・保険)、「残念ながらオッサンのほとんどの恋愛相談はまったくアテにならない。ただただ聞いてニヤニヤしている姿は本当に気持ち悪い」(26歳・銀行員)。

 仲良くなろうとしてるだけなのにそこまで言わなくても……。

「頭ポンポンは絶対にするな。お前の子供じゃない」(28歳・大学院生)、「気安く触れてくるなと。不意打ちに写真を撮られるのもスケベオヤジっぽくて嫌」(27歳・教員)。

 だが、意外にも「飲みにいったとき女性に半分出させる」というカネのあるオッサンにはあるまじき行為はセーフらしい。なんで?

「借りをつくるのが嫌なので、後腐れなく割り勘のほうがいい」(29歳・ライター)なんだとか。

 40代非イケメンが20代女子と仲良くなるのはかくも難しい。

【女性がブサイク認定する40代男のNG言動】
※ %は20代女性アンケートでのNG率

●話すとき、顔が極端に近い! 99%
●「かわいこちゃん」などと微妙な言葉を使ってくる 98%
●昔のワル自慢を聞いてもいないのにする 90%
●こっちが食べてるときジーッと見つめてくる 89%
●外国人ノリで別れ際にハグしてくる 87%
●ちょっと慣れてくると「お前」と呼んでくる 80%
●根掘り葉掘りこちらの恋愛事情を聞きたがる 79%
●壁まで追い込み、手を突いてくる(壁ドン)70%
●会話でいちいちダジャレを仕込んでくる 69%
●やたらと不意打ちに写真を撮ってくる 65%
●褒めるとき頭をポンポンしてくる 59%
●聞いてもいないのに近況報告メール(長文)52%

<ここから↓はセーフ!>
●飲みにいって女性に半分出させる 49%
●甘いもののプレゼントを頻繁にする 40%
●車でバックするとき助手席を押さえる 39%

― 20代女性が判定 40代男[ブサイクな瞬間]【3】 ―

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中