人生の先輩たちに聞く「若いうちにやっておくべきこと」

 新しい年が始まり、気持ちも新たに目標を立てたという人も多いはず。しかし、どうしても緊急性や必然性がないと忙しさにかまけて後回しにしてしまったり、そもそも何に注力すべきかピンとこなったりする人も少なくはないのではないだろうか。そこで、目標を後回しにしてしまう人にも、見つからない人にも参考になる、人生の先輩たちが考える「一刻も早く始めたほうがいいこと」を聞いてみた。

◆旅行

旅行「結婚して家族がいたり、仕事の立場が変わったりするにつれていきづらくなるので、若いうちに行っておかないと絶対に後悔することになる。海外にも国内にも行くべきところはいくらでもある」(63歳・男性)とのこと。長い休みはなかなかとれなくても行けるところは少なくないはずだ。

◆読書

「年をとると集中力が落ちるうえに、目も疲れないのでどうしても捗らない。通勤時間が長いならそれを使えばいいし、もし時間がないというなら読書の予定をちゃんと入れてでも読む時間を確保するべき」(64歳・女性)。本を一冊きっちり読むには時間はかかるが、その価値は計り知れない。

◆結婚

「子供がほしいと思わないなら急ぐ必要がないが、もしいつかと思っているなら一刻も早くするべき。子育てには想像以上に体力がいるから、元気があるうちにやらないと本当に辛い。自分の両親もまだ体が動くなら手を貸してもらえるというメリットもある。あと、もっと先を考えると、孫の成長を長く見ることができるのも若いうちに子供を育てた人の特権だと思う」(61歳・女性)。結婚や出産は人生を大きく左右する重大事ではあるが、いつまでもただ悩んでいるだけで時間を浪費してしまっては後悔することになるかもしれない。

◆歯のケア

歯のケア「歯医者通いは習慣にするべき。虫歯を放置すると本当に悲惨だし、歯並びが悪かったり、歯が汚かったりすると印象が悪くて損をすることになる。定期的に検査とクリーニングは若いうちからはじめておくと後がラク」(58歳・男性)とその意義を強調。ついつい後回しにしてしまいがちなことだが、早く習慣化するべきであることは間違いない。

 実は今回、取材に協力してくれた人たちの多くが強調していたのが、「素直に人からのアドバイスを取り入れること」。もし、自分に合わないと感じればすぐにでもやめればよく、自分に合わないことを知ることも若いうちには自分にとって大切なこととのことだ。年始に目標を立てた人も、立てなかった人も、早くも頓挫してしまいそうな人も一度、年長者からの進言に耳を傾けてみてはいかがだろうか。 <取材・文/日刊SPA!取材班>

衝撃の事実。元AV女優・紅音ほたるが急逝していた

紅音ほたるさん
 元AV女優の紅音ほたるさんが、8月15日に亡くなっていたことがわかった。AV引退後の所属事務所の社長兼パートナーによると同日午前、自宅で倒れた状態の…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中