79歳のおばあちゃんDJ、渋谷で回す

DJ SUMIROCK

ハットにラメのジャケットでキメたDJ SUMIROCK

 昼は高田馬場の中華料理店で鉄鍋を回し、夜はクラブでターンテーブルを自在に回す。79歳にしてアクティブすぎる人生を謳歌しているのは、岩室純子さん。またの名がDJ SUMIROCKだ。

「みんなでワイワイ騒ぐのが好きで、自分でもDJをやってみたくなって。それで知り合いから紹介されたDJスクールに通い始めたの。本当はもう卒業してなきゃいけない時期なんだけど、まだまだ教わりたいことがたくさんあるから、自主留年してスキルを磨いています」

 と本人は語るが、そんなSUMIROCKが通うのが日本を代表するトップDJの一人、DJ TSUYOSHI氏が主任講師を務めるDJスクールのIDPS(international dj production school)だ。

「歳のせいか、ミックス(曲と曲をつなぐこと)をする際にどうしてもタイミングが遅れてしまう」と悩むSUMIROCKを指導する授業風景を収めたのが、次の動画だ。

⇒【動画】http://nikkan-spa.jp/602219



 TSUYOSHI氏によるつきっきりの指導のもと、ここぞ!というタイミングをはかるSUMIROCKだが、悪戦苦闘ぶりもうかがえる。「今でも完璧にマスターできたワケではない」と、本人は日々修練に励んでいる。

 そんなSUMIROCKさんが渋谷のクラブイベントに出演するという話を聞きつけ、記者もお邪魔させてもらった。会場に到着すると、ギンギラギンのラメ入りジャケットに黒いハットと、マイケルジャクソンを彷彿とさせるかのようなSURIROCKさんが本番を控えていた。

「曲の構成はもう決めてるの。かけるのは私が大好きな曲ばかり。ただうまくつなげますかね。頑張ります」

 そう意気込み、いざプレイがスタート。鉄腕アトムのイントロが流れると、それまで閑散としていたDJブースの前に、人が集まり始める。

 その後、ダフトパンクをかけて聴衆を沸かせたかと思えば、ムードたっぷりのシャンソンで外国風情を醸す。そこには確かに、SUMIROCKワールドがあった。

 驚いたのは、プレイ終了後のこと。イベントに遊びに来ていた若いギャルや外国人が次々とSUMIROCKさんのもとを訪れ、握手やハグを求めるのだ。2メートル近い大きな白人男性に囲まれるSUMIROCKさんは、満面の笑みで応対するのだった。

 その光景を見た“師匠”のTSUYOSHI氏も、「普通に生きていたら、79歳で外国人に囲まれないよね。DJスキルには課題は残りますが、SUMIROCKさんは凄い」と感慨深げ。

 音楽は人を変え、人生さえも変える。そんなことを感じさせる一夜だった。 <取材・文/日刊SPA!取材班>

●International DJ&Production School http://www.idpsorg.com/

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中