外国人観光客も喜ぶ「100円ショップ」のクールジャパン

日本を訪れる外国人観光客は年々増えており、昨年は過去最高の約1000万人に及んだ。そこで来日中の彼らが「クール!」と思った日本のアイテムやカルチャーを聞いてみた!

◆トイレから便利グッズまで!日本製品の繊細さに支持が集まる

<日用品・お土産編>


トイレ

用を足している音を消したい、という感覚とそれに応えるメーカーにたまげるアメリカ人

 日本人にとっては何げない日用品も、外国人から見れば「クール」なものは多々あるよう。日用品のなかで、まず一番称賛が巻き起こったのが日本のトイレ回り。

「設備が充実しすぎている。デパートやホテルだとトイレットペーパーやウォシュレットもついているし、時にはコットンや綿棒なども置いてあるのがすごい!」(韓国人女性)、「どのトイレもキレイ。ヘタしたら自分の家より清潔かもしれない……」(中国人男性)。

 同じく女子トイレからは「女子トイレに入ったとき、ボタンを押したら不思議な水音が聞こえたので驚いたら『音姫』だと教えてもらった。用を足す時、音を消すなんて日本人は繊細!」(アメリカ人女性)という意見があった。

 コンテンツ大国としても知られる日本だが、なかでも日本が誇るキャラクターグッズ関連が男女問わず人気の様子。「リラックマが大好き! あのパステルな色合いとだらしないフォルムがサイコー」(カナダ人女性)、「いろんなカラーリングがあるベアブリック(※メディコム・トイ製のクマ形フィギュア)がお気に入り。バリエーションがあるので、いろいろ集めるのが楽しい」(イギリス人男性)。さらに、「どーもくんはアメリカで大人気。彼が実は日本の公共放送(NHK)のキャラクターだなんて知らなかった」(アメリカ人男性)と、日本ではやや影が薄いキャラが注目を浴びているケースが。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=701045

 また、ドイツやフランスなど欧州勢から「クール!」との声が上がったのが日本のアナログレコード。テクノや渋谷系など、ディスクユニオンなどを訪れてジャケ買いしていく人が多数。

 同じく日本を代表するコンテンツとして、男性陣が鼻息を荒くしていたのがコレ!

「ヌードの女性の写真が載ったエロい雑誌が、普通にコンビニなどでも売られているので驚いた。ここまで性に大らかな国はなかなかない。さすが、ヘンタイ大国! もちろんお土産に買ってしまいました(笑)」(トルコ人男性)

 一方、女性から人気を得ていたのが、アクセサリー類。「マカロンやカップケーキなどをリアルに再現した食玩アイテムがカワイイ! 食べちゃいたい」(アメリカ人女性)、「地球や星などをかたどった、宇宙モチーフのアクセサリーを大量買い。母国にはなかなかないので、新鮮でした」(中国人女性)。

 また、東急ハンズなど面白グッズ系の店で人気なのが、寿司の形をしたUSB。「日本の代表的な料理をUSB化した『寿司USB』はお土産として人気です。職場で使えるから、自慢しようと思っています」(フィンランド人男性)など、「実用性」と「見た目」を兼ね備えたお土産も、人気が高かった。

100円ショップ

生活で必要なモノが揃う100円ショップ。タオルのまとめ買いなどよく目にする光景

 新たな日本の必訪スポットとして人気が高いのが、100円ショップ。「100円ショップはメイク道具から傘や靴下など日用品までクオリティが高いので、お土産に買って帰ると喜ばれる」(トルコ人女性)、「二重瞼に簡単にできるテープも箱買いします」(韓国人女性)と高評価を得ていた。

「自国ではデパートなどにしか売っていない高額なファイバータオルが、100円で売っていてびっくり! しかも種類が豊富。お土産にぴったりです」(タイ人男性)、「日本は文房具の性能がバツグン! なかでもボールペンは色の種類が豊富で、インクの太さまで選べるのがすごい! さらに、消しゴムは柔らかくて消しやすいので、いつもお土産として買い込みます」(アメリカ人女性)。日用品ではほかに、各国の女性からナプキンなど生理用品のクオリティを絶賛する声が多く聞かれた。

 また、日本では当たり前になりつつある便利グッズも意外と好評。

日用品

貼ったり叩いたりするだけで温度が変わるモノは「魔法みたい」(ノルウェー人女性)

 まずは、極寒の国・フィンランドから。「フィンランドにも湯たんぽはあるけれども、『レンジで使える湯たんぽ』は知らなかった。あと、『貼るカイロ』にもびっくり。カイロ自体はフィンランドにもあるけれども、衣服に貼るという発想はなかった……!」(フィンランド人女性)、「『熱さまシート』や『温熱シート』など、貼ると温度が変わるなんて魔法みたい!」(スウェーデン人女性)、「温泉たまごやゆでたまごなどを電子レンジなどで簡単に作れる便利グッズにびっくり。ここまでさまざまなものを考えつくなんて、つくづく日本人は効率性を重視する人種だと思った」(ノルウェー人女性)。

 日本では当たり前と思われがちな日用品も、外国人から見ればその品質や発想が「クール」に思えるのだ。

― 外国人観光客が語る「これが私のクールジャパン」【2】 ―

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中