誤解だらけの「ブレーキなしスポーツ自転車=ピスト」報道に物申す!

チュートリアルの福田充徳が摘発されたことで一躍話題になった「ノーブレーキピスト」。

ピスト

メッセンジャーの乗るピスト

もちろん、ノーブレーキもしくは片輪ブレーキだけで走行することは大変危険な違法行為であり、そこについては議論の余地もない。ただ、各メディアの報じ方にどうにも違和感があった。端的にいうと杜撰。というかわかってない。ピストとロードレーサーの区別すらもついていない記事が多すぎなのだ。

朝日新聞が8月7日付の記事で紹介した「競技用自転車の特徴」という図版によると、

・軽量でファッション性が高い
・スピードが出しやすい
・ハンドルが下向き
・サドルの位置が高い
・タイヤが細く大きい
・ブレーキがない、または片方の車輪のみ
・ペダルに足止めがある

と書いてある。「ブレーキがない」以外の項目は、何もピストに限った話ではないだろう!と突っ込まずにはいられない。

また、“ロードバイカーの一部が、「シンプルでオシャレ」という理由でブレーキを取り外している”など書く記事も見受けられた。

まったくもって、ピストと普通のロードレーサーが混同されているのである。

都内でバイクメッセンジャーをしているTさんは語る。

「ブレーキなしピストを擁護するつもりはありませんが、あまりに誤解されている現状には辟易しています。このままじゃ普通のロードレーサーすらも規制されかねない。それなのに、ニュースを見ているとピストがなぜブレーキなしで止まれるのかの説明もろくになされていないことが多い。これじゃ一般の人は怖がるの当たり前ですよ。一般の人がイメージする自転車でブレーキなしだとしたら、そりゃ僕らだって怖いですよ(笑)」

Tさん曰く、ピスト=競輪など専門のトラックを走るための競技用自転車は、そもそも一般の自転車と違い、「固定ギア」を採用しているという。

「普通の自転車だと、ペダルを漕ぐのをやめても車輪は動くし自転車は進みますよね。だから逆に漕いでもバックしない。固定ギアの場合はペダルと車輪が直結されていて、足を止めると車輪の回転も止まるんです。だから逆に漕げばバックします。ノーブレーキピストに慣れているアメリカのメッセンジャーなどは、この“足を止めれば車輪も止まる”のを利用して、後輪をわざとスライドさせて減速する“スキッド”という技術を巧みに使っていて、坂の多いサンフランシスコなどでも平気でノーブレーキピストを使ってます」

このように、ブームのルーツはアメリカ。もともとはアメリカの貧乏なメッセンジャーが、パーツ代やメンテナンスにカネがかかるロードレーサーを買えないため、シンプルでメンテナンスも楽なピストを使い始めたのだ。それが次第にストリートカルチャーとリンクしていって、2001年の『PEDAL』のような映画でブームに火がついたのだという。当初は一部の自転車好きのものだったが、ストリートファッション誌などでカリスマ的存在が乗っていることなどがクローズアップされ、「お洒落自転車」として拡大したのがここ数年……というわけなのだ。

「ブームが拡大した今は、固定ギアに慣れていない人まで普通の自転車と同じ気持で乗り始める人も出てきました。それで事故が増えてきた面は否めないと思う。ブレーキなしで乗るのが危険なのは言うまでもありませんが、ブレーキがあっても特殊な自転車であることを認識しないとやっぱり危険なんです」

ブレーキの有無に関わらず危険……というのはどういう点なのだろうか?

「まず、坂を下るとき、脚も止まらず回り続けるわけです。減速するために逆に踏む場合も脚力が必要になるんですね。もし下手に足を止めたら吹っ飛ばされます。また、曲がり角では普通自転車を傾けますが、その時もペダルは回り続ける。傾けたときにペダルが道に引っかかって転倒することもある。それにスキッドだなんだと言っても、やっぱり急には止まれない。さっき話した『PEDAL』にも車に轢かれるメッセンジャーの姿とか映ってますからね……」

要するに「ちゃんとした技術が必要」ということなのだ。

「ただ、きちんと止まれる技術や交通の流れを把握する視野を持たないと危険なのは何もピストやロードレーサーなどスポーツバイクに限った話ではないと思うんです。ことさらスポーツバイクだけ悪者に、しかもロードとピストをごっちゃに語るような報道はどうかと思うんですよ。正直、おばちゃんのママチャリとか電動自転車のほうが危ないなぁってことありますからねぇ……」

取材・文/日刊SPA!取材班 photo by faster panda kill kill from flickr

ペダル ピストバイク・ムーブメントin NY [DVD]

気鋭の映画監督、ピーター・サザーランドがニューヨークのバイクメッセンジャーたちの日常を捉えたドキュメンタリー。

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中