売れない芸人の過酷なバイト事情――ソラシド本坊のノンフィクション肉体労働エピソード

過酷な肉体労働バイトのネタが話題となり、「芸人報道」(日本テレビ系列)などでも特集が組まれた吉本芸人・本坊元児が、初の自伝的小説『プロレタリア芸人』を刊行する。麒麟、アジアンなど売れていく同期への羨望と焦り――。 勝負を賭けて上京するも、芸人としての仕事がほぼゼロ。泥や汗、埃やアスベストにまみれながら、壮絶な肉体労働現場で働く彼の日常は、まさに「現代の蟹工船」。そんなリアルでディープな内容から、一部抜粋してお届け!

◆「ジャンパー」

本坊元児 ある冬の日。

 僕は工事現場で外構工事をしていました。外構工事とは穴掘りのことです。設備会社の人が配管を設置する為の穴を掘るのです。穴掘りには、剣スコという先の尖(とが)ったスコップを使います。一方、先の四角いものを角スコといいます。下水が流れるように勾配をつけてどんどん深く掘り進みます。塹壕(ざんごう)を掘るような感じ。

 関東ローム層はとても硬い。剣スコの肩を思い切り踏みつけて掘り下げていきます。足裏の土踏まずは腫れあがり、偏平足になってしまいます。僕の土踏まずは土踏みますです。

 そんな僕にとって、重機はヒーローに映ります。ユンボがトラックに積まれて到着しました。しかしユンボは動く気配がありません。監督に、「どうしてユンボを使わないんですか?」と尋ねると、「今日はユンボの免許を持っている人がいないんだよ」

 と返答されました。子供の使いじゃないんだぜ。ユンボを見たばっかりに失望が大きく感じられました。

 その日はとても寒かったのですが、人力で穴掘りをしているとぽたぽたと汗が落ちてきます。少し暑いなと感じた僕は、上に羽織っていたジャンパーを脱いで目の前にある木に引っかけました。

 すると、そこに現場監督が通りかかりました。監督は僕の目の前で足を止め、何サボッてんだと言わんばかりに僕を監視し始めました。

 僕はすぐに作業に戻り、一心不乱に地面を見つめ、ひたすら穴を掘り続けました。

 監督はまだ監視をしています。地面を見つめる僕の視界の際に佇(たたず)む監督の気配が煩(わずらわ)しい。

 監督がすぐそばにいるのでひと息つくこともできず、ただ機械のように穴を掘り続けました。

 監督は三十分はその場に居続けたように思います。もうそろそろお昼ご飯の時間のはず。ちょっとジャンパーを脱いだだけなのに、勝手にサボっていると決めつけて見張っている。この仕打ちは非道い。

 かといって、このままお昼ご飯を食べないわけにはいかない。よし、お昼休憩をもらおう。意を決して顔を上げると、そこにはジャンパーしかありませんでした。

「ジャンパーかい!」

 僕は視界の隅にいた自分でかけたジャンパーを監督だと勘違いして、お昼の休憩時間まで穴掘りをしていたのでした。自分に腹が立ちます。

 それにしても、どうして僕はこんなところにいるのだろう。



撮影/山田耕司(扶桑社)

プロレタリア芸人

肉体労働現場のリアルでディープなエピソードを詰め込んだ珠玉の一冊

女性からみた「買ってはいけない夏のユニクロ」ワースト3を発表

MEN プリントシャツ(半袖)
 梅雨が明けたらいよいよ本格的な夏がやってくる。今年の夏は例年以上の暑さとも言われているが、だからこそ爽やかに夏服を着こなしたいもの。  数あるファス…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(8)
メンズファッションバイヤーMB
梅雨シーズンの「薄毛対策」3選…茶髪、湯シャン、サプリを実践してみた
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
トレーダー目線で検証!アベノミクスは「失敗」か「失速」か
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
忙しすぎるビンスの3つのアジェンダ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第120回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
好きな女性には「きれい」と言え。
大川弘一の「俺から目線」
それでもモヤシはいやねぇ――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
沖縄移住を実現する7つのプラン――世界を6周半した男の大提言
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中