ファッション関係者が愛用する「無印良品の最強アイテム」

 メンズファッションのバイヤーMBです。洋服の買いつけという本業の傍ら、ブログやメルマガで「オシャレのルール」について発信していたところ、こちらで執筆させていただくことになりました。連載第19回目をよろしくお願いします。

「知る人ぞ知る」安くて優秀な「無印良品」の最強アイテム

メンズファッションのバイヤーMB氏

メンズファッションのバイヤーMB氏。「『オシャレに見える』にはちゃんと理屈があるんです」が持論

「無印良品」と聞くとどんな商品を想像するでしょうか? 安価でおいしいレトルトカレー? 休憩時間につまむスイーツ? 手ごろでシンプルな家具類? 今回紹介するものは、ファッション小物です。「無印は確かにシンプルだけど別にオシャレじゃないでしょう?」と疑問に思うかもしれません。

 実は、近年ファッション感度の高い人から注目を集めている「無印良品」の洋服。ファッション関係者にも愛用者が多く、ブランドプレス、ショップスタッフなども無印のシンプルなシャツやデニムや小物などを着用していることが多々あるのです。

 それもそのはず。無印良品の洋服デザインには「ヨウジヤマモト」などが手がけていたものもあります。コムデギャルソンと並び日本が誇るトップデザイナー「ヨウジヤマモト」。北野武氏愛用のデザイナーとしても有名です。

 無印良品は文字通り「無印」というコンセプトに基づき、デザイナーなどの名前をタグに記載することはないので、まさに「知る人ぞ知る」名作が存在します。洋服以外にもプロダクトデザイナーとして著名な深澤直人氏が手がけた家電や、ニューヨーク近代美術館(MoMA)などにも高く評価されている世界的デザイナー、エンツォ・マーリの家具など、世界的に高く評価されているデザイナーズアイテムをどこよりも安く買えるお店が実は「無印良品」なんです。

業界内で愛用者多数の「デイパック」

 そんな名作揃いの「無印良品」から今回紹介するのはこちら。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=830149

photo1

再生ポリエステル混サイドファスナーリュックは税込みで2980円

 アパレルスタッフなどから絶大な人気を誇る「デイパック」。近年この「無印のデイパック」を愛用しているファッション関係者が激増しています。私の周りだけでも男女問わず10人近い愛用者がいるほどです。「形がこれ以上ないほどキレイ」「素材が超タフで長く使える」「ZIPの配置がよく使いやすい」とそれぞれ見るポイントは違うものの、高評価を付ける人が続出しています。デイパックをコーディネートに使う「フレンチカジュアル」が流行していることもあり、ファッション関係者はこの安くて優秀な無印デイパックをこぞって買い求めているのです。先月くらいまではあまりの人気のため完売状態。生産・入荷待ちが続いていましたが、このたび再入荷。現在は一番人気の黒も購入できます(ネットショップでも通販可能)。

 一番の特徴は「クセのなさ」です。「普通じゃん」と思うかもしれませんが、デイパックで「普通」の形は意外にも少ない。デイパックは横にデカいと遠足に行く子供のようになってしまうし、縦に長いと「B系ファッション」の中学生が使っているバッグになってしまいます。大人が使えるような、程よくコンパクトな形というものが意外と少ない。また形こそバランスのとれたものがあったとしても、ワッペンや刺繍など子供っぽいデザインが付いてまわり、文字どおり「無印」でキレイなバランスのデイパックは稀有なのです。

 30代以上の方は「デイパックなんて学生のバッグでしょ?」と思うかもしれませんが、とんでもない。30代以上の大人にこそ持ってほしいアイテムといえるのです。特にここまでシンプルなデイパックならば、ニット×シャツ×細身パンツなどのビジネスカジュアルに合わせてもサマになります。

photo2 カッチリとしたビジネスライクなカジュアルに、ちょっとした遊びココロが加わり、「こなれた大人」を演出できます。使い勝手も抜群で電車のなかでも読書やスマホいじりはもちろん、担いだままペットボトルや財布をサッと出せるように配置されたZIPが個人的にも非常にポイントが高い。

photo3 素材は超タフで水も通しにくいポリエステル混。触れば納得、ガッチリと目の詰まった風合いで、使うシーンをまったく選びません。このデイパックのほか、シャツやスニーカーなどブランド物と比べても遜色ない名作がこっそりまぎれている無印良品。お菓子やジュースだけでなく、洋服もチェックされることを強くオススメします! 筆者のメルマガ「最も早くオシャレになる方法KnowerMag」では「ファストファッション・マストバイ」というコーナーを設けています。より詳しい話が知りたい方はぜひご登録を! <文/MB>

【MB】
メンズファッション専門のバイヤー。年間数十のブランドの展示会に足を運び、買いつけを行う。年間取引量は億を超える。子供の頃から“狂うほど”洋服が好きで、ファッション業界に知悉している。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法(http://www.neqwsnet-japan.info/)」が話題に。また、メルマガ「最も早くオシャレになる方法(http://www.mag2.com/m/0001622754.html)」では、「安くてオシャレになるアイテム」を紹介し即完が続出。「まぐまぐ大賞2014年【有料部門】ライフ」にて大賞受賞。ニコニコ動画ではブロマガと生放送「MBチャンネル」もスタート。女子SPA!でも「レディースファッション」に関するコラムを連載開始。ファッション誌では読めない歯に衣着せぬ言説が注目されている。現在、自身のブランド「MB」の立ち上げに奔走中。秋には書籍を扶桑社より上梓する予定

最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版

洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?

スーピマカットソー
 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第81回目をよろしくお願いします…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(8)
メンズファッションバイヤーMB
梅雨シーズンの「薄毛対策」3選…茶髪、湯シャン、サプリを実践してみた
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
トレーダー目線で検証!アベノミクスは「失敗」か「失速」か
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
忙しすぎるビンスの3つのアジェンダ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第120回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
好きな女性には「きれい」と言え。
大川弘一の「俺から目線」
それでもモヤシはいやねぇ――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
沖縄移住を実現する7つのプラン――世界を6周半した男の大提言
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中