男のハーフパンツ、色に気をつければ年齢関係なく全然アリ!――モデル・izuが教える夏のファッション

“SNS世代のカリスマ”として若い女性から熱狂的な支持を集めるモデル、izuさん。コーデの提案などを配信するyoutuberとしても活躍する彼女に、男性ファッションの「いいね!」の秘訣を教わった!

⇒【前回】「プリントT、柄Tは難易度高し!? シンプルなデザインが一番!」ほかhttp://nikkan-spa.jp/866934

◆ハーフパンツは色に気をつければ、年齢関係なく全然アリ!

izu

英字ロゴTとビビッドな色のハーフパンツの組み合わせは、もう絶対NGとのこと。「フロントにファーを置いたワ○ンRに乗ってド○キ前でたむろしてそう。それか中学生!」(izu)

 Tシャツと並び、夏の鉄板アイテムとして挙げられるのがハーフパンツ。年齢的に敬遠する男性も少なくないだろうが、ここ数年は男性ファッションの流行アイテムとして高い人気を誇っている。

「個人的には、何歳だからハーフパンツはダメ、ということは絶対ないと思いますね。ただ、色は気をつけたほうが良いかもしれません。ビビットなカラーとか、俗にいう“目立つ色”はコーデが難しいですし、幼く見えることもあります。さらっとアースカラーとかモノトーンでまとめてみては?」

 ここでも編集部員の真っ青なハーフパンツが標的に。「さわやかで夏っぽいし、カッコいいだろ」と自信満々にチョイスしていた色がまさかのNG。

◆“ロールアップ”するだけでオシャレ度はアップ。洋服のサイズ感にも要注意。

 そのほか、簡単に“オシャレ”度をアップさせるコツを聞いてみると……。

「デニムのすそを折り曲げる“ロールアップ”は無条件にオシャレに見えると思いますよ。すそと靴の間からくるぶしが見える”絶対領域”があると、『この人わかってる~!』って思いますね。あとは、着ている服も大事ですが、オシャレに見えるか見えないかって “アレンジ力”だと思うんですよ。ロールアップもそうですし、袖をキレイに折ってるとか、カーディガンを肩かけしてる、とか。加えて大切なのは、基本ですけどそれらにちゃんと手入れが行き届いているかどうかですね。どんなに良いシャツでもヨレヨレじゃダメですし、高い靴でも汚れていたらNGだと思いますよ」

izu まずは手入れの行き届いた服を着る。これがオシャレ度を上げるはじめの一歩なのだ。その逆に、「これはダメ!」という要注意ポイントは?

「サイズ感でいうと、“ダボダボ”もNGですね。ある程度張りがあって、体型に違和感なくフィットしたサイズ感が大切だと思います。私は、男性の一番の魅力はTシャツを着ているときの胸の張りだと思ってるんです。胸筋がパンとしてると、それだけでTシャツも似合うしカッコいいなって思いますもん」

 メンズファッションについて熱く語ってくれたizuさん。これらを忠実に守れば、彼女のような女性ともお近づきになれるチャンスが出てくるかも!?

<取材・文/日刊SPA!編集部 撮影/山川修一>

●izuオフィシャルブログ:http://lineblog.me/izuokamisaki/
●Youtube「izuTV」:http://www.youtube.com/channel/UC0hwClhT5UQYC3s7-MTm_8g
●twitter:https://twitter.com/izu0924
●facebook:https://www.facebook.com/izuokamisaki?ref=ts&fref=ts

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中