テリー伊藤の“アイデア発想法”「自分の中に眠っている魂を表に出すのが企画」

 今年3月に朝の情報番組『スッキリ!!』(日本テレビ系)を降板したテリー伊藤は、そのわずか3か月後に『白熱ライブ ビビット』(TBS系)と『チャージ730!』(テレビ東京系)で“掛け持ち”復帰を果たす。多忙を極める生活のなか、CSのMONDO TV『テリー伊藤のTOKYO潜入捜査』では、アンダーグラウンドな世界へと果敢に足を踏み入れる。そんな彼が、メディア論から部下の育て方、そしてアイデアの出し方までを一気に語り尽くす!

テリー伊藤◆女性上位時代のテレビ

 今後、メディアとしてのテレビはどう変わっていくのか? そう尋ねると、テリー伊藤は「鍵を握るのは女性」と断言した。

「これは車でも同じことが言えるんだけどさ。車を買うとき、昔はほとんどの場合は男が選んでいたけど、今は軽自動車なんかは女性が選ぶことがほとんどなわけよ。当然、そうなるとメーカー側も女性にウケそうな新商品を発表するしね。テレビの場合、イケメンが出演すると数字(視聴率)が上がりやすいっていうデータがある。女性のディレクターも増えるだろうな。男性向けの放送局ですら、女性に支持されない番組は数字を取れないと思うしね。

 女性が観たくなる番組作りっていうのは、単純な話ではないんだ。たとえばナレーションひとつとっても、男性の声のほうが女性の声よりもいいっていうことではなくて、むしろ女性の声のほうが落ち着いて観ることができるかもしれない。そのへんは慎重に見極めなきゃダメなんだよね。でも考えてみたら、新しくできるシネコンにしても二子玉川の蔦屋家電にしても、全部が女性を意識しているよね。これはもうテレビがどうとか言う前に、時代の流れだよ」

◆アイデアとオリジナリティ

 テリー伊藤は、指導者としての評価も高い。門下生として巣立っていったそーたに、おちまさと、村上卓史、都築浩ら放送作家のほか、ソフト・オン・デマンド創業者の高橋がなりもテリーの部下として働いていた。その教育方法はスパルタ式で知られるが、特にアイデアの出し方について一家言あるようだ。

「今は誰にでもチャンスがある時代なんだよ。料理に詳しい人は料理番組を作ればいいし、スポーツに詳しい人はスポーツ番組を作ればいい。女性の下着について異常に詳しい男のテレビマンなら、今までになかった下着バラエティを作ることができるかもしれない。

テリー伊藤 部下を育てるっていう意味でいうと、たとえば『今から3時間以内に企画書を50本書け』って言うわけ。すると、まずタレント名に頼った企画を挙げてくる。そんなの、即ダメ出しだよね。企画とは呼べないから。

 そうすると3時間経っても『できません』って言ってくるだろうから、さらに居残りで延長戦に突入させる。そうすると初めて、それまで自分が観てきたものとか、今テレビで流行っているものを真似するだけの企画じゃない‟何か”が出てくるんだ。実際、テレビの現場では『週刊SPA!』からネタを拾ってくることも多いんだよ。そんなことをするんじゃないって俺は言うんだけどね。情けねぇ話だよ。

 真似ではない何かっていうのは、たとえば『実はうちの親父が年甲斐もなく浮気しているんですよ』とか、そういうところから発想をスタートさせるわけ。それに対して、今度は『お袋まで別の男といい感じになり始めて……』とかって続いていくと、俺は面白いって認めるだろうね。そいつしか知らないオリジナル性を入れてくる時点で、そいつしか書けない立派な企画になるわけだ。

 自分の中に眠っている魂を表に出すのが企画だからさ。実はこれってテレビだけじゃなくて、あらゆるアイデア出しに通じることなんだけどね。企画書は本数を重ねると上手くなるからいっぱい書いたほうがいいし、そこには自分だけのオリジナリティを入れること。それは若い奴らにも伝えていこうと思っているね」

※文中敬称略 <取材・文/小野田衛 撮影/我妻慶一 構成/北村篤裕>

【テリー伊藤】
1949年生まれ、東京都出身。演出家。テレビプロデューサー。日本大学経済学部を卒業後、テレビ番組制作会社・IVSテレビに入社。『天才たけしの元気が出るテレビ』(日本テレビ系列)『ねるとん紅鯨団』(フジテレビ系列)などヒット番組を手がける。その後独立し、『浅草橋ヤング洋品店』(テレビ東京系列)を総合演出、「サッポロ生搾り」「ユニクロ」など数々のCMも演出する。『サンデー・ジャポン』(TBSテレビ系列)など現在の出演番組多数。近著に『長嶋茂雄を思うと、涙が出てくるのはなぜだろう』(ポプラ新書)がある。

長嶋茂雄を思うと、涙が出てくるのはなぜだろう

日本人にとって“長嶋茂雄”とは何か?

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中