ニュース

小泉元首相、ベルギーのテロで“原発が標的”になることを予見!? 「原発即時ゼロ」を目指して

日本はほとんど「原発ゼロ」で、5年間やってこれている

「ベルギーのテロで原発が標的」を小泉元首相は予見していた!?

今年3月、福島での講演で熱弁をふるう小泉氏

 さらに吉原氏はこう続ける。 「小泉さんは『ほとんど原発ゼロで、約5年間やってこれている』という話をしていますが、私も同意見です。電気は余っているので、原発を止め続けても困ることはない。東日本大震災以降、企業が自家発電設備や省エネや節電の施設を入れて、電力使用量が大幅に下がったためです。国民の安全を脅かす原発を無理に動かすこと自体が異常。『原発即ゼロ』こそ現実的なエネルギー政策なのです。 『電力会社の経営が苦しくなる』という主張もありますが、会社が潰れても会社更生法ですぐに立ち直ります。日本航空も新しい会社として生まれ変わり、体質が改善して事業は続けられた。電力会社も同じで、間違った原発依存路線を取った経営者が責任を取って辞めるというだけの話です」 取材・文/横田 一
1
2
3
黙って寝てはいられない

日本は「原発即時ゼロ」で発展する!


日本再生最終勧告 ‐原発即時ゼロで未来を拓く

偉大なる経済学者であったカトカン先生の、日本経済を再生させる最後の“カン”告

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事