エンタメ

言葉の魔術師・藤田ミノルが思い描くデスマッチとは?――デスマッチに命をかける漢たち vol.2

「なに見て死ぬの?」

 昨年12月25日に開催された、葛西純プロデュース興行。その晩、藤田ミノルはTwitterでそうツイートした。「なんでトレンド入りしないの? なに見て死ぬの?」――葛西純vs竹田誠志の歴史的名勝負を、これほどまで的確に表現できる人がほかにいるだろうか。藤田ミノルの言葉はつねに端的で普遍性があり、魂が宿る。

藤田ミノル

マイクパフォーマンスをする藤田ミノル

 ガンバレ☆プロレス初参戦時のマイクパフォーマンスが、「2015年・DDTベストマイク賞」に輝いた。「家族、守ったことあんの? ないよね。俺はあるよ」――ある日、突然離婚を言い渡され、そのショックから専門学校を留年し、プロレスも思うようにできない。そんな鬱屈とした思いを、マイクで吐き出した。12分20秒にも及ぶ独演会のようなそのマイクパフォーマンスは、マイクパフォーマンスの概念を覆した。

●「DDTベストマイク賞」を受賞した藤田ミノルのマイク(https://www.youtube.com/watch?v=T0wIySLs6b8

「内に秘めている、自分にしか分からない自分、言いたくない自分を出していったほうがいいのかなと思ったんです」

 試合後の盛り上がりをさらに上に持っていくか、はたまた会場のテンションを白けさせるかは、レスラーのマイクにかかっている。「これからも頑張ります」「応援してください」。それもまた一つのマイクの在り方ではある。しかし藤田は抽象的な言葉は口にしない。生活や内面のすべてを、“伝わる言葉”でマイクに込める。

次のページ 
若手の頃は…

1
2
3




おすすめ記事