スポーツ

“ブレット暴走”というシミュレーション――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第143回

サマースラム 93

「サマースラム93」はダブル・メインイベントはヨコヅナ対ルーガーのWWE世界 戦、ブレット・ハート対ジェリー・ローラーの2試合だった(写真は「サマースラム 93」オフィシャル・ポスターから)

 “サマースラム93”は登場人物もストーリーラインも異なるふたつの長編ドラマが同時進行し、ふたりの主役がまったくちがった方向性のラストシーンを演じた不思議なイベントだった(1993年8月30日=ミシガン州オーバーンヒルズ、ザ・パレス)。

 ふたつのドラマのそれぞれの主役は“ヒットマン”ブレット・ハートとレックス・ルーガー。ブレットはジェリー“ザ・キング”ローラーとの因縁ドラマの完全決着戦にのぞみ、ビンス・マクマホンが“ポスト・ホーガン体制”のキーパーソンに指名したルーガーはヨコヅナが保持するWWE世界ヘビー級選手権に挑んだ。

 全9試合中、第5試合にラインナップされたブレット対ローラーのシングルマッチは、試合開始直前になってローラーがヒザの“負傷”を理由に試合出場をキャンセル。ローラーの代打としてドインクがブレットとシングルマッチで対戦したが、この試合は十八番シャープシューターでブレットが完勝した。

 試合終了と同時にローラーがリング内に乱入しブレットに襲いかかったが、ここでフランク・タニーWWE会長がローラーに試合出場を命令。“予定外”のボーナス・トラックとしてブレット対ローラーのシングルマッチがラインアップされた。

次のページ 
ケガによる欠場という演出の後…

1
2
3





おすすめ記事