エンタメ

SKE48はやっぱりすごかった! TIF2016圧巻のステージに観客は熱狂

 世界最大級のアイドルの祭典「TOKYO IDOL FESTIVAL 2016」(以下、TIF2016)。最終日である8日目、Zepp Divercityの「HOT STAGE」のトップにSKE48が登場した。

やっぱりすごかった! SKE48の全力パフォーマンス。TIF 2016

2年連続出場のSKE48

 会場には開演前から多くのファンがつめかけ、熱気が立ち上るよう。それに応えるように、登場したSKE48は冒頭から、「恋を語る詩人になれなくて」、「Gonna Jump」、「チキンLINE」と、3曲続けて彼女たちの持ち味であるキレのあるダンスを全力で披露。大きな盛り上がりを見せた。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1175174

全力ダンスでの幕開け

 MCでは大矢真那が、北川綾巴、東李苑、二村春香の3人をピックアップして紹介。

「綾巴のファンは若めのファンが多く、今日ざっと見た感じも若めの方が多いので、ほいほいとSKEに連れて帰ってきてくれると思います」

「李苑はゆとりの代表中の代表でああいえばこういう精神でいつも多くの先輩を困らせてます」

「はるちゃんはなんといってもセクシーボディなんですよ。爽やかな曲やダークな曲、ちょっと悲しい曲でも、なぜかはるちゃんが踊るとひわいな感じになってしまうんです。今日ここにいるみなさんは、ぜひはるちゃんの太ももに注目してください!」

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1175184

二村はファンの期待に応えるポーズも披露

 と、それぞれに大矢いわく「ヨイショした」コメントを向け、会場の笑いを誘った。

 そこから「青空片想い」、「パレオをエメラルド」、「アイシテラブル!」と、怒涛のシングルメドレーで会場の空気はさらにヒートアップ。

エース・松井珠理奈の不在を感じさせない圧巻のパフォーマンス

 高柳明音が「SKE以外のファンの方だけではないと思いますが、みなさんそれぞれの自分の大好きなアイドルを想って聴いてくれたらうれしいです」とラスト2曲へつなぎ、「僕は知っている」、「ごめんね、SUMMER」で締めくくった。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1175194

 ステージ上からはける時も、メンバーそれぞれがぎりぎりまで客席へ声をかけ続け、SKE48の本気を見せつけられたアツいライブとなった。

やっぱりすごかった! SKE48の全力パフォーマンス。TIF 2016

最後は手をつないで一礼

<取材・文/日刊SPA!取材班 撮影/林 紘輝>




おすすめ記事