デジタル

疲れたOLが癒されまくると噂の「囚われのパルマ」をアラサー女子ゲーマーがやってみた

乙女ゲーマー・編集まいまいの[絶対夢中☆アプリ]週報


【囚われのパルマ】
iOS、Android/カプコン/アプリ本体360円(アプリ内課金あり)/配信中

 いくらお酒を飲もうと、マッサージに行こうと、癒されるのは一時。もっと手っ取り早い癒しはないのでしょうか。そんなことを思いながらダラダラとスマホをいじっていたところ、巡り合ったアプリがありました。ツイッター上で、女子がやたら「パルマ」だの「ハルト」だの「監視」だのつぶやいているので、何かと調べてみたら『囚われのパルマ』のイケメンキャラクターらしい。カプコンから8月30日にリリースされたガラス越しの体験恋愛アドベンチャーゲームだそうです。噂には聞いていましたが、とにかく中毒者が続出だそうで……遅ればせながら購入してみました。

こちらがハルト。ガラス越しの面会では触れられない分、大胆に接してくることも

 昨今、乙女ゲームは数えきれないほど世に出ていますが、一度に複数攻略するのも疲れちゃった……。もう乙女ゲーすらハマれなくなったのかしらと加齢による“興味や喜びの損失”を感じていましたが、このゲーム、恋愛対象となるキャラクターはたった一人。さまざまなコミュニケーションで、孤島の収容所に囚われた記憶を失った美青年ハルトの心と記憶を紐解いていくのです。

 それも、プレイヤーはゲーム主人公になりきるのではなく、ありのままの自分を存分に投影できる仕掛けがあり、私自身がスマホ越しにハルトと向き合うということが可能なのです。というわけで、“私”という一人称で話を進めたいと思います。

 私の心を揺さぶったのは、ハルトとは直接触れられないこと。ハルトは囚われの身。一つの部屋に監禁されています。私は、彼の記憶を取り戻す相談員として、さまざまなコミュニケーションを取っていくこと。直接会えるのは限られた面会の機会のみ。会えないときは、彼の部屋を監視したり外出して会話のヒントになりそうなことを探り(なんだか悪いことをしているみたい)、コミュニケーションはメッセージで行います。私は島を散策してさまざまな人に会うことができるので、それを話題にし、ハルトにメッセージを送ります。私のしつこいメール攻撃も、優しいハルトは既読スルーすることもなく、優しく返答してくれます。

獄中のハルトはいつでも監視することが可能!

 獄中の彼に差し入れすることもでき、島で入手してきたアイテムをハルトに送ることができます。監視カメラでハルトが差し入れに対してどんな反応をしているのかを見ることで、彼の興味関心や好物まで知ることができるのです。監視はとにかく楽しい! とにかくハルトはすることがないので、ウトウトしていたり、歯を磨いていたり、時々悩んでいるのを見ているだけで楽しいのです。先日、私が送ったパンツをはいてくれていたのを見たときは、かなりツボでした。

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1213122

差し入れで送ったパンツを履いてくれたのをさらに監視で確認する

次のページ 
ハルトの記憶を紐解くのも醍醐味だが…

1
2

囚われのパルマ
対応OS/iOS/Android
ジャンル/ガラス越しの体感恋愛アドベンチャー
価格/アプリ本体(プロローグ&エピソード1)360円、エピソード2以降、各360円、アプリ内課金あり
※10月11日にはアオイ編が登場。
※配信日は(予告なく)変更になる場合があります。




おすすめ記事