スポーツ

時代の一歩先を拝み渡りしたHAKUSHI=新崎人生――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第219回(1996年編)

WWEオフィシャル・パブリシティ写真

白使HAKUSHIのリングネームで約1年半、WWEに在籍した新崎人生(みちのくプロレス)。いまだったらもっともっと大きなニュースになっていたはずのメジャーリーガーとしての全米ツアーだった(WWEオフィシャル・パブリシティ写真より)

 白使Hakushiこと新崎人生は、選ばれてWWEのリングに上がった数少ない日本人メジャーリーガーのひとりだった。

 新崎は1994年のWWEの日本公演“マニア・ツアー”にみちのくプロレスからのゲスト出場選手として同行し、WWEスーパースターズとともに東京、名古屋、大阪、札幌の4都市をツアー。このときに新崎の“お遍路さん”キャラクターがWWE首脳陣の目にとまった。

 新崎の試合を観たWWEスーパースターズ、エージェント(プロデューサー)、ツアー・クルーはいっぺんでその幻想的でエキゾチックな動きと全身白ずくめのリングコスチュームのとりこになった。アンダーテイカーのジャパニーズ・バージョンを偶然発見したような、なにかとてつもない怪奇派にでも出くわしたような戦りつをおぼえたのだという。

次のページ 
お遍路というキャラクターに興味津々のWWE

1
2
3


ハッシュタグ




おすすめ記事