恋愛・結婚

職場の人間関係を「クラッシュさせる女性」3つのタイプ

ヤリマンが職場にいるとサークルクラッシュは起きるのか?

職場でも悲劇は起きる

 一人の異性を巡る恋愛で集団の人間関係が悪化する。職場でも起こりうる「サークルクラッシュ」現象について、大真面目に考察するチームが京大にあるという。「サークルクラッシュ同好会」代表のホリィ・セン氏に“職場のサークルクラッシュ”の特徴について聞いてみた。

「職場において“クラッシュ”する側に立つ女性は大きく3タイプに分類できます。自らの性的魅力をフル活用して職場の権力者に取り入る『権力志向タイプ』。八方美人で承認を得るための手段としてセックスをする『承認欲求タイプ』。友人に対しても恋人のような距離感で接近して、主に非モテ男の勘違いを生む『天然タイプ』。この3つです。承認欲求と天然の2タイプは文化系サークルでもよく見られ、クラッシュする側もされる側も大学時代などに経験しているので致命傷には至りません」

 職場崩壊の元となりやすいのが権力志向タイプというわけだ。

「友達作りの場ともいえるサークルと違い、職場では『業績を上げる』など“公”の部分が優先されるので、その中でクラッシュが起きると致命的なレベルで仕事が回らなくなるのは自明でしょう。そんなある種の自制心が働く現場において、意図的に公私混同を作ろうとする権力志向タイプは最もたちが悪いといえます」

次のページ 
承認欲求や天然タイプに振り回されるのは……

1
2





おすすめ記事