雑学

遺体を砕いて川に捨て…被害者はヤクザまで――かつての親分が語る、愛犬家に惨殺された「子分たちへの鎮魂歌」

髙田氏

ガンを患い闘病中でもあった髙田氏。入院を繰り返してはいるものの、体調は良好だという

 1993年、埼玉県大里郡で起きた「埼玉愛犬家連続殺人事件」。

 ペットショップ「アフリカケンネル」を経営していた関根元と風間博子夫妻(1993年に離婚)が、80年代から90年代にかけて金銭トラブルなどから多くの人の命を奪ったとされる事件だ。

 夫妻が殺人と死体遺棄の疑いで逮捕されたのは95年1月だが、それ以前から夫妻の周辺で行方不明事件が相次いでいるとの噂が広まり、テレビのワイドショーなどで「疑惑の夫婦」として連日報道されていた。

 4人の殺害容疑で逮捕起訴された関根元・風間博子夫妻は09年に死刑が確定しているが、被害者の一人である遠藤安旦(やすのぶ)さんが現役のヤクザだったことも当時は注目された。犯人逮捕から20年余りを経た今、遠藤さんの親分だった髙田燿山氏が事件を振り返った著書『仁義の報復 元ヤクザの親分が語る埼玉愛犬家殺人事件の真実』が刊行、増刷もされ話題になっている。

被害者は30人以上?


 「30人以上の生命を奪った」 しばしば関根はこう側近にうそぶいたといわれたが、実際に立件されたのは遠藤さんとその運転手、県内の会社役員と主婦の4人だけだった。いずれも犬や猫の殺処分に使われる硝酸ストリキニーネを入れたドリンク剤を飲ませて殺し、バラバラにした遺体を焼却することで証拠隠滅を続けていた。

「遠藤の遺骨は今も見つかっていませんが、まだ遺体も見つかっていない犠牲者はたくさんいるでしょう。被害者が4人でも30人でも死刑以上の刑罰はありませんから、警察が捜査から手を引いてしまったのです」

 遠藤さんが生前所属していた髙田組(現在は二代目髙田一家)の元組長だった髙田氏は、怒りを隠さない。

 当時の報道では、関根夫妻は県内の主婦やスナックのママ、トラック運転手など少なくとも7人の失踪への関与が取り沙汰されてもいた。

「関根が生まれ育った秩父でも勤務先のラーメン店主やヤクザなどを手にかけたという噂がありました。おそらく事実でしょうね。古い事件なので物証がなく、立件できなかっただけです」

 殺した後に遺体をバラバラにして焼却し、灰を川に捨てることで、証拠はほとんど残らなかった。川の周辺で見つかった遠藤さんらと見られる骨片も高温で焼かれていたために、人物が特定できていない。

「川の周辺からは遠藤の自宅の鍵や私が贈ったライターなどは見つかっていますが、遺骨は誰のものかわかりませんでした。関根らは、ほぼ完璧な証拠隠滅を図っていたのです。ただしバラバラにして焼くのも手間がかかりますから、すべて焼いていたとは考えていません。何体かは関根の豪邸の庭に今も埋められているはずです」

 物的証拠がほとんどない本件の「解決」には、元側近の証言があった。

「元側近が証言したのは自分だけが助かりたかったからでしょう。実際にこの側近は刑も軽く済んでいます。警察は、もっと丁寧に捜査すべきでした」

次のページ 
「最初から関根が怪しいと思った。直感のほうが正しいこともある」

1
2
3
仁義の報復 元ヤクザの親分が語る埼玉愛犬家殺人事件の真実

元組長自らがこの経緯のすべてを明らかにし、知られざる事件のさらなる深き闇にも肉迫した、前代未聞の犯罪ドキュメント




おすすめ記事