カーライフ

再びデフレの予感の今こそ、無銭走行OKのプリウスPHVで生活防衛だ!【上半期の自動車業界を振り返る】

 清水草一×渡辺敏史両氏による恒例の自動車放談は、今回で13回目。愛すべきクルマバカの2人が、舛添要一前東京都知事御用達のイタリア料理店(世田谷区代田)で、上半期の自動車業界を振り返り、下半期に思いをはせる。

<クルマバカ放談 2016年上半期編>
自動車ライター・清水草一 × 自動車ライター・渡辺敏史

清水草一×渡辺敏史両氏

清水草一×渡辺敏史両氏

――上半期の自動車業界ニュースを時系列順に挙げると、フォード日本市場から撤退、トヨタのダイハツ完全子会社化、三菱の燃費偽装&日産傘下入り、スズキの燃費不正など。

清水:全部小っちゃい話だよ!

渡辺:英国のEU離脱ですっ飛んじゃいましたね。これでしばらく世界経済は混沌とするでしょうから、アベノミクスにも大逆風。黒田バズーカが全部スカになっちゃった。

清水:違う! 黒田総裁は全面的に正しい! 撃ってなかったら、もっと奈落の底だったんだから!

渡辺:これからどうします? またデフレに向かって真っ逆さま。

清水:デフレマインドがバリバリになっちゃって、またかって感じだね。

渡辺:値上げした牛丼屋も今また豚丼復活させましたからね。

清水:これからは豚丼食うよ!

――三菱はまたかって感じですが。

清水:三菱の燃費偽装なんてベッキーの不倫と同レベルの話だよ。三菱オーナー誰もが気にせずに乗ってたんだから!

渡辺:ただ「10万円お返しします」は、前代未聞ですよ。

――現在、買い取り店では三菱車全車買い取り停止中ですから、資産価値はゼロです。

清水:三菱の軽の新古車も激下がりだね。

渡辺:新古車買った人は大勝利ですよ。それでまた10万円もらえれば。

清水:でも、下取り付くの?

渡辺:知らないけど、ある程度リスクを取りにいかないとリターンはないですよ(笑)。

――スズキは国交省を怒らせました。

渡辺:カタログ値より実は燃費が良かったって話もすごい。英国のEU離脱で大騒ぎになってるまさにその日に、スズキは親子で国交省に叱られに行ったのは運がよかった(笑)。あれ見て、タバコ吸って校長先生に親父とあやまりに行った高校時代の自分の姿を思い出しました(笑)。

清水:問題はあれでスズキの軽の売り上げも落ちたことだね。日本人ってなんて気が小さいんだろう。

次のページ 
上半期の新車は大不作

1
2
3
4




おすすめ記事