マネー

高級腕時計パネライは今が“お買い得”な理由【腕時計投資家・斉藤由貴生】

 腕時計投資家の斉藤由貴生です。

 昨年12月に出た私の著書『もう新品は買うな!』の印税が入ってきたので、早速腕時計を買ってみました。ここ最近の腕時計相場は特に高く、一見すると“買い時”でないように感じる様子ながら、あえて私は高級腕時計を買いました。

saitoyukio ここ最近といっても、年単位と月単位の観点がありますが、特に今のロレックス相場はどちらで見ても過去と比べて非常に高い状況。年単位で見ると、アベノミクスが始まった約4年前から右肩上がりな傾向。また、月単位でみた場合、昨年8月頃と比べて10%値上がりしているモデルもあり、トランプ大統領の誕生効果で高くなっている様子です。

 ですから、このように相場が高い状況であれば、本来持っている時計を売却するのに適した時期というのが普通です。

 とはいっても、どんな相場だって“欲しいものは欲しい”となるのが人の心。ですから、相場が高いときでも腕時計を買う人はいっぱいいます。また、全体的に相場が高いという印象に陥りがちですが、実は過去より値下がりしているブランドやモデルもあるため、詳しく見るとお買い得だということが判明するモデルも存在。

 例えば、ロレックスと同じぐらい人気のパネライは、4年前と比べて10万円以上値上がりしているモデルと値段が変わっていないモデルが存在。この場合、値上がりしていないモデルは“今買っても良い”お買い得モデルと判断することができます。

 そして私が買ったのがこのモデル、オフィチーネ パネライル ミノールマリーナPAM00050という時計です。

panerai02

オフィチーネ パネライル ミノールマリーナPAM00050

 私が買ったモデルの一番の特徴はブレスレットタイプという点です。パネライといったら革ベルトをイメージする方が多いように、そのほとんどが革ベルトタイプです。しかし、ごく一部ブレスレットタイプも存在。そしてこのブレスレットがとても凝った造りで、単体でも高いのです。

次のページ 
なぜ今購入したのか?

1
2
もう新品は買うな!

もう大量消費、大量生産で無駄遣いをするのはやめよう





おすすめ記事