マネー

誰でもできる“期限付き家電量販店のポイント”を無駄なく使った高級ウイスキー投資の秘訣

 腕時計投資家の斉藤由貴生です。私は1ミリの無駄もしたくないため、常に何が最適な答えなのかを追求しています。

斉藤由貴生氏

 高級腕時計も世間的には浪費とみなされがちなモノかもしれませんが、腕時計投資によって「着けて⇒楽しんで⇒高く売る」という究極の楽しみ方を考案しました。買わなければいいじゃないか、という方もいるかもしれませんが、「買う」という体験をして、「所有」して楽しんで、最終的に買った値段と同等もしくは高く「売る」というほうが、良いと思いませんか?

 クルマに関してもその考えを徹底しており、「好きなクルマを快適に極力安く乗る」という姿勢を貫いています。その答えとして、以前お伝えした「38万円のセルシオ」は新車で軽自動車を買うより安いぐらいのポテンシャルを秘めています。

38万円で買ったトヨタ・セルシオ

 そんな私ですが、最近改めて自分の消費姿勢を自画自賛する機会がありました。それは、10年以上前に買ったウイスキーが値上がりしているという話です。そして、その選択がとても鮮やかでした。というのも、当時家電量販店のポイントを「いかに無駄なく使うか」という問いに対する答えが見事だったからです。

 当時、私は家電量販店にて冷蔵庫を購入したのですが、その際ポイント還元率がとても高く、2万円分に相当する額を得てしまいました。そのポイントには有効期限があったため、即座に私は「忘れてポイントを失効する」と思ったのです。そのため、すぐに2万円分のポイントを消化してしまおうと思ったのですが、その額で欲しいモノがありませんでした。

 そこで、私は「価値が残りそうなモノ」という観点で店内をウロウロしたところ、アルコール品のコーナーに行き着いたのです。

 当時、アルコールが飲める年になってウイスキーなどにハマっていた私は、バーボンやらスコッチやらを少しずつ試している最中。そこそこの経験があったため、当時5000円以上する、ウイスキーやブランデーの価値はそこまで下がらないということを知っていました。

 その家電量販店には、様々な種類のウイスキーやブランデーなどが取り揃えられており、2万円程度の価格帯のものも数種類が揃えられていました。バランタイン30年やロイヤルハウスホールドがだいたい2万5000円、山崎18年や響21年などが2万円程度、響17年やヘネシーXOが1万円以下という価格帯だったように記憶しています。

バランタイン30年

 その当時でも「30年」というビンテージは10万円以上するモノが多いなか、2万5000円で買えるバランタイン30年はずいぶん安いと感じました。そこで、ポイントに少し足してバランタイン30年を買おうかと思ったのですが、ポイントに現金を追加して買うというのは「無駄なく」という趣旨から逸脱すると考えました。

 そこで、その次に高い2万円のモノに狙いを定め、山崎18年か響21年のどちらかを検討。2004年にサントリーの響30年がウイスキーのコンクールで最高の賞を取ったということを知っていたため、私は響21年を購入することにしたのです。その時思ったのは、保管しておいても価値が下がらないから、飲みたいときに飲めばいいということでした。

次のページ 
それから10年以上経った今、驚きの値上がりが

1
2
もう新品は買うな!

もう大量消費、大量生産で無駄遣いをするのはやめよう





おすすめ記事