雑学

ユニクロの「買うべきプリントTシャツ」3選

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第128回目をよろしくお願いします。

メンズファッションバイヤーのMB氏

メンズファッションバイヤーのMB氏。「『おしゃれに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 いよいよ夏が近づいてまいりました。そうなると気になるのはプリントTシャツ。ユニクロでは毎年恒例のUTシリーズが発売されています。今回は星の数ほどラインナップされているなかからオススメを3つ紹介します。

アート目線のクールなグラフィックは大人にピッタリ

mb12801●SPRZ NYグラフィックT(アンディ・ウォーホル・半袖)990円(+税)期間限定価格

 案外使えるのが「SPRZ NY」のシリーズ。ネタとしか思えないプリントが目立つUTシリーズのなかでひときわファッショナブルなグラフィックを量産しているのがこのタイプ。「SPRZ NY/サプライズニューヨーク」と名付けられたコラボシリーズであるこちらはNYを中心としてポップカルチャーをプリントで表現するもの。アンディ・ウォーホルやジャン=ミシェル・バスキアなどのアート作品をプリントに落とし込んだクールなデザインが特徴。アーティスト別にさまざまな種類があるので一概には言えませんが、色彩を抑えたデザインが多く、ほかのUTとは一線を画しています。大人な印象が強く、安っぽさも少ない。また一見して「ありゃユニクロだな」と判断できないものばかり。セレクトショップで購入したかのような印象です。

 こちらはポップカルチャーの帝王アンディ・ウォーホルのデザイン。プリントTシャツは「色数」がまず問題。あまりに色数が多いと子供っぽい印象を生んでしまいます。「コーディンネートはモノトーン+一色に抑えると簡単におしゃれっぽく見える」というのは、私が長年主張しているロジックの一つですが、まさにプリントTシャツの柄においても同じ。黒白のモノトーンに加えて薄いブルーを入れた「モノトーン+一色」のこのTシャツは、遊びはあるものの子供っぽくならずおしゃれにまとめることができるでしょう。

次のページ 
ロゴはいま注目のアプローチ

1
2
3
最速でおしゃれに見せる方法 【電子限定特典付き】

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版。電子版特典として、MBのコーディネート・80スタイルを追加収録!





おすすめ記事