ライフ

出会い系サクラの月収は大麻密売人の2倍…「売人なんか食えない」現実

光あれば影あり。ちょっとヤバめでリスクも高そうなアンダーグラウンドなお仕事は、さぞや稼げるに違いない。一体、どんな贅沢な生活をしているのやら……と、さまざまな「アングラな職業」を調査してみたところ、まったくもってピンキリな実態が見えてきた。

出会い系サクラの月収は大麻密売人の2倍

大麻 つい先日も元KAT-TUNの田中聖が逮捕されたことでも話題の大麻“業界”。ひっきりなしに摘発・逮捕のニュースも聞こえてくるので、さぞや“活況”なのではと思いきや、「売人なんか食えない」と教えてくれたのは業界通の奥野裕一さん(仮名・40歳)だ。 「仕入れ値も高いし、移動費など経費もかかる。質にもよりますが、売値はグラムあたり4000~7000円程度。売り上げも結局はケツ持ちにほとんど取られてしまうので、月に20万円も稼げません。客に合わせて時間も場所も変わるので、楽な商売じゃない」  言うまでもなく、所持していれば一発で逮捕される犯罪行為に手を染めているのに、末端の売人は生活するのもやっとのようだ。 <大麻密売人> 月収20万円 勤務時間:不定期 平均労働時間:8時間(移動含む) 労働日数:14日/月 特記:売値は4000~7000円/g程度
次のページ 
一方、パソコン業務だけで売人の2倍の収入を得ている職業
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事