ニュース

【イタい女上司】アラフォーでガーリー全開のバブル女

◆女を出しまくる
「私、女だから」と部下に仕事を押し付ける女上司

【相談者】 田中譲二さん(仮名)34歳・商社
【上司】 42歳・役職/主任

ぶりっ子上司 男よりもサバサバしすぎてドライな女上司も扱いにくいが、「でも、女っぽすぎる上司は、もっと迷惑ですよ」と奥歯を嚙みしめる田中譲二さん。彼は、日々アラフォーでガーリー全開の上司に振り回され続けている。

「例えば、ちょっと残業仕事があると『えー、私、用事あるからなぁ。あ、田中君、やっといてくれない♪』、『残業なんかでアラフォーのお肌から睡眠時間を奪うなんてありえないっ! ムリムリ』と、帰ってしまう。営業回りなどでも荷物が多いときは、『こういうのは男の仕事じゃ~ん』と重い荷物を押し付けてきたり……。イタいというより殺意すら覚えますよ」

 年功序列制がはびこる企業がいまだに多いとはいえ、なぜそんなダメな人が上司になれたのか。

「僕の上司は好景気に入社した、バブル女。それに、『昔はキレイだったろうな』という顔立ちなので、入社当時から上司受けは良かったみたいで、ちやほやされてきたんでしょうね。その過去を引きずってか、いつまでも仕事も覚えないくせに『カワイ子ぶりっ子』な役柄を続けてるんです」

 女を武器に部下に仕事を押し付ける上司も問題だが、一番悪いのは、容姿に騙されて彼女を昇進させた会社側かも。両方イタい!

イラスト/オーグロ慎太郎
― 管理職になると狂う女の共通点【10】 ―




おすすめ記事