R-30

もし山手トンネルに閉じ込められたとき新型ロールスロイス・ファントムに乗っていたら…

 東京都心に21cmの大雪が降った1月22日、上野の東京国立博物館にて新型ロールスロイス・ファントムの発表会が行われた。

新型ロールスロイス・ファントムと重要文化財の「黒門」

 発表会には滅多に足を向けないのだが、なにせ今回は世界の頂点に君臨する高級車。場所もスゴイということで、いったいどんな世界が待っているのか、この目で確かめて来た。

 雪が降り始めた昼過ぎに出発し、首都高で上野へ向かう。上野の博物館に行くのは、おそらく小学生以来である。

 駐車場の用意はないので、コインパーキングにクルマを止め、そこからは徒歩だ。クルマの発表会で、駐車場のない会場が選ばれることは滅多にない。さすが世界の頂点に君臨するロールスロイス。

 歩いていると、左右に古風で立派な建物が。これも博物館かと思ったら、東京芸大でした。スイマセン、練馬区育ちなもので初めて見ました……。とってもステキです! こちらを卒業して日産のチーフデザイナーになられた前澤義雄さん(故人)という方と、長年対談の連載を持っていたので、「これが前澤さんの母校か」と、目頭が熱くなりました。

 熱い目頭のまま会場に到着すると、そこにはドーンと聳える門が。「黒門」という重要文化財で、旧因州池田屋敷表門であるらしい。明治時代は東宮御所正門として移築されのち、高松宮邸に引き継がれ、さらに昭和29年、東京国立博物館の敷地内に移築されたとか。超ステキ!

 黒門を入って法隆寺宝物館の方へ進むと、雪が舞う池端に、新型ファントムがたたずんでおりました。

 まさかの屋外展示に軽くビビッたが、もうひとつビビッったことがある。先代とぜんぜん見分けがつかないのだ……。
 
 先代ファントムは、それはそれは堂々としたスタイリングで、メルセデスSクラスがお子ちゃま用に思えるほどの威厳を湛えていたが、新型もウリふたつ。「ちょっと顔が違うかも」くらいで、よっぽど目を凝らさないと見分けが難しい。
 
 これでも車体設計、パワープラント、内外装すべて一新されており、ロールス・ロイス専用のオールアルミ製スペースフレームにより、従来モデル比で30%高いボディ剛性を実現しているそうなのですが。
 
 ボディの大きさもほぼ同じ。全幅は30mm拡大され、2m超えの2020mmになったが、全長は逆に70mm縮小の5770mm。ミニバン並みに高い全高も、10mm低くなっている。全体として微妙にシャコタンっぽく見えるのが特徴でしょうか?

 プレゼンテーション会場は屋内(法隆寺宝物館)。超細身のスーツに身を固めた主催者の皆様方が微妙な威圧感を与えるなか、ロールスロイス広報のローズマリーさんのステキな説明が始まった。

「別荘は動きません。プライベートジェットやクルーザーも、自宅ガレージには入りません。アート作品も持ち歩くことはできません。でも、ロールスロイス・ファントムは、どこにでも行くことができます」

 ス、ステキすぎる! 確かにおっしゃる通り! 杉並区の狭い路地に入るのは、ちょっと大変かもだけど。

 ちなみにお値段は5460万円。ロングホイールベース版の「ファントムEWB」が6540万円。先代はそれぞれ5167万円と5995万円だったので、若干の値上げとなっておりますが、6.8リッターのV12エンジンには新たにターボがかまされ、1万㏄並みの大トルクを発生するよう改良されているので、完璧に納得です。

次のページ 
もし山手トンネル通行止め時に新型ロールスロイス・ファントムに乗っていたら

1
2




おすすめ記事