カーライフ

下取り、オークション、個人売買…7つもあるクルマの売却方法でお得なのはどれ?

 腕時計投資家の斉藤由貴生です。私はモノを買う時、腕時計に限らず「いくらで売れそうか」ということを意識して買うようにしています。仮に買った値段と同じ額で売れるのであれば、手が届かないと思っていた高いモノを買うことができるかもしれないからです。

 このように「いくらで売れそうか?」ということを心がけた結果、私はロールスロイスなどさまざまな高級車に乗ることができ、これまでに数十台のクルマをマイカーとして所有してきました。モノにおいて重要なのは「どうやって売るか」という出口戦略が大事です。ということで、今回は「クルマの売り方完全ガイド」をお伝えしたいと思います。

ロールスロイス

下取り、買い取り……。クルマを手放す手段はいくつかある


 そもそもクルマの売り方には、ディーラーの下取り、買取店の査定、個人売買というように、下記のようないくつかの方法があります。

① 下取り
② 買取店
③ 新しい買取システム(ユーカーパック、カープライス)
④ オークション代行
⑤ 中古車店への委託販売
⑥ 個人売買(ヤフオク等)
⑦ 廃車


 では、それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。

高値をあまり期待できない下取り


 新車や中古車など、次のクルマを購入する店で、それまで乗っていたクルマを買い取ってもらうのが下取りです。ズバリ下取りは、高値をあまり期待できない売り方だと言えるでしょう。下取りを依頼しても「買い取り店のほうが高く買い取ってくれますよ」と言われるほどです。

 ただ、すべてをクルマ屋さんにお任せできるということは、かなり楽だといえ、最も楽にクルマを処分する方法ともいえます。

【メリット】
売買をすべて1つの業者にまとめることができるから楽!

【デメリット】
買取金額は期待できない

次のページ 
買取店でスピーディに現金化

1
2
3
4

もう新品は買うな!

もう大量消費、大量生産で無駄遣いをするのはやめよう





おすすめ記事