スポーツ

ダイスケフィーバー再び!? 中日に移籍した松坂大輔が初ブルペンで見せた表情とは

 2日目を迎えたプロ野球のキャンプ。取材班はこの日、国内で最も注目を集めていると思われる、沖縄・北谷で行われているドラゴンズのキャンプに赴いた。その理由はズバリ、平成の怪物・松坂大輔の移籍後初ブルペン入りだ。

 キャンプ初日には投球練習を行わず、天候不順のなか、詰めかけたファンや報道陣に肩透かしを食らわせた形となった松坂だったが、快晴となったこの日はブルペンに入った。

 すでに報道でこの日に「初ブルペン」が予告されていたせいか、練習開始30分前の午前9時半には、ファンや報道陣でごった返していた北谷球場。普段はやすやすと止められる広い球場の駐車場もすでに満車で、記者も駐車に苦労したほどだ。

 10時少し前、投手陣が姿を現すと一斉に焚かれるフラッシュ。この日キャンプを訪れた、OBの山本昌氏も「(中日のキャンプで)こんなに人がいる見たことないよ、すごいねぇ!」と驚くなか、人混みをかき分けるようにして松坂大輔が現れた。ランニングなどのアップのあとには、キャッチボール、遠投、そしてトスバッティングなどを行った松坂。笑顔が溢れ、リラックスしているように見えた。

次のページ 
いよいよブルペンに

1
2





おすすめ記事