ニュース

「名護市長選の自民候補勝利の裏に公共事業バラマキが…」古賀茂明氏

二階

名護市長選挙での渡具知氏応援のため、沖縄入りした二階幹事長

 2月4日に投開票が行われた沖縄県名護市長選挙で、新で元市議の渡具知武豊氏(自民・公明・維新公認)が現職の稲嶺進氏(共産、自由、社民、民進、沖縄社大推薦)を破って当選した。

 前回選挙では、名護市辺野古への米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設に反対を表明した稲嶺氏が当選。しかし今回は、辺野古移設推進の自民党が公認する渡具知氏が当選した。

 選挙直前に『朝日新聞』などが名護市民を対象に行った世論調査では、辺野古に移設に「反対」は63%で、「賛成」の20%を大きく上回っていた。にもかかわらず、なぜこのような結果となったのだろうか? 元改革派経産官僚の古賀茂明氏はこう語った。

「年末年始に、名護市長選のテコ入れで二階俊博幹事長と菅義偉官房長官が沖縄入りをしました。権力もお金も持っているこの二人が、裏で利権によってつながった建設業者らと面談をして下地を作り、『自民推薦候補が当選しないと損をするかもしれない』という雰囲気を醸し出していました。

 表では人気のある小泉進次郎・筆頭副幹事長や元女優の三原じゅん子参院議員ら有名政治家が街頭演説をして、一般有権者をひきつける手法です。道路延伸と投票依頼を直接結びつけないので買収で逮捕はされませんが、自民党をあげて役割分担をしながら利益誘導選挙を進めているのです」

しんじろう

応援演説を行った小泉筆頭副幹事長も、新基地建設問題や米軍ヘリ問題については語らなかった

次のページ 
有権者に恐怖心を与えて選挙を行う…

1
2
週刊SPA!2/13・20合併号(2/6発売)

表紙の人/ 二階堂ふみ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事