マネー

親の年収別にみた「子供の進路」の限界 年収300万円では国公立大学も苦しい!?

もはや給料が上がらないとヘソを曲げている時代ではなく、現年収の維持が精いっぱいな現状は今後も続くだろう。それでも家族を持ち、マイホームを買い、生まれた子供には人並みの教育を施したいものだ。そこで、年収ごとに男たちが実現可能な限界値を探ってみることにした。

年収300万円では国公立大学も苦しい!?


男の限界値 子供1人を大学卒業させるまでの教育費は3000万円──。よく言われる金額に肝を冷やした経験が誰しもあるだろう。実際、下表のように幼稚園から高校までオール私立だと学費の合計は1770万円もかかってしまう。

<子供1人にかかる学費(補助学習費含む)18年間の平均額>
(※文部科学省のデータより)

●公立
・幼稚園 63万円
・小学校 192万円
・中学校 144万円
・高校 123万円
合計 522万円

●私立
・幼稚園 149万円
・小学校 922万円
・中学校 402万円
・高校 297万円
合計 1770万円

 もはや絶望的な金額にも思えるが、実際に年収別の限界値で見ると、どうか。FPの横山光昭氏が算出した年収別の家計簿内にある月の教育費(年収300万円→6520円、年収500万円→1万4450円、年収700万円→2万2440円)に余剰金(年収300万円→1万800円、年収500万円→3万2900円、年収700万円→5万4400円)を全額投入した場合、年収300万円で1万7320円、年収500万円で4万7350円、年収700万円で7万6840円となる。この金額における子供の進学コースを、教育の最前線を知る大学通信の安田賢治氏に聞いた。

「私立小学校の学費は大学並みで、年収700万円では無理。では、中学校から私立はどうかというと、受験対策の学習塾代は『学年×1万円』。つまり小学5年生なら月5万円、6年生なら月6万円が相場と言われ、かなり家計を圧迫します。もし私立中に受かったとして中高6年間の学費は699万円。ここまででも総額1000万円を超えますから、大学は国公立か私大文系しかありませんね」

 年収700万円でもこの厳しさなのだから、年収500万円で私立は無理筋だ。

「東京や大阪など私立高校への学費助成が手厚い自治体なら、高校から私立も可能でしょうが、幼稚園から高校までオール公立が基本になります。大学に行くなら推薦・AO入試の進学者が多い高校に入学すること。というのも、東京の私大の一般入試は問題傾向がそれぞれ異なり、予備校通いが必要。でも、予備校費が払えませんから、学校の授業だけで大学進学するには、高校1年生から好成績を取って推薦入試やAO入試を活用するといいでしょう。受験料も1校分で済みます。ただ、入学後は奨学金+バイトでやり繰りしてもらうことになります」

次のページ 
習い事は一切せずに独学で進むしかない年収300万円世帯

1
2





おすすめ記事